外食もヘルシーに!妊婦さんにもおすすめの安いチェーン店!

ショップ/レストラン
スポンサーリンク

外食店は星の数ほどありますが、「ヘルシー」で「安い」ところを探そうとすると、すぐにはパッと思いつかないですよね。

外食でもヘルシーに食べたいな。安いチェーン店はどこ?

そんな方に、おすすめのチェーン店とメニュー選びのコツをご紹介いたします。
食事に気を使わなければならない妊婦さんにもおすすめです!
スポンサーリンク

ヘルシー・メニューのある安い外食チェーン

一食あたり1000円以内の外食チェーン店の、おすすめ理由と一押しヘルシー・メニューをご紹介いたします。

リンガーハット

引用:https://www.ringerhut.jp/menu/healthy/

リンガーハットの最大の魅力は、他のチェーン店には類のない圧倒的なボリュームの野菜が美味しく食べられることです。

気がかりとしては、長崎ちゃんぽんのスープの塩分が気になってしまうところですが、ちゃんと減塩メニューも用意してくれています。妊婦さんは、塩分控えめにしてくださいね。

糖質が気になるという方には、「野菜たっぷり食べるスープ」という麺なしメニューもあって嬉しいですね。

サイゼリア

引用:https://www.saizeriya.co.jp/menu/kumiawase12.html

安さには定評のあるサイゼリア。ヘルシーに外食したい時のサイゼリアのメリットは、どれも低価格な単品メニューを、自分で自由に組み合わせられること。主菜、副菜、主食、乳製品をバランス良く組み合わせて食べても1000円以下でOK。

すき家

引用:https://www.sukiya.jp/menu/in/gyudon/101200/

「え!すき家?」と思われると思いますが、圧倒的な店舗数とその安さから、日常的に頼れる外食チェーンですよね。頼むメニューさえ選べば、すき家でもヘルシーに食べることは可能です。

おすすめは「牛丼ライト」。牛丼のご飯の代わりに豆腐と野菜を使っています。お肉を大盛りにして515カロリーです。

モスバーガー

引用:https://www.mos.jp/cp/balanceset/

モスバーガーのヘルシー・メニューと言えば、「モスの菜摘ソイモス野菜」が思い浮かびますが、これってなんと155カロリー。さすがにこれじゃ、お腹すいちゃいますよね。

関東14店舗のみの限定メニューなのですが、モスでは「バランスセット」が一食でバランス良く栄養を摂れるメニューとして、日本肥満予防学会などによってスマートミールに認定されています。

お近くに実施店があれば、是非試してみてください。

大戸屋

引用:https://www.ootoya.com/news/NR_20180823.html

ハレの日の外食ではなく、日常的な家庭の味を売りにしている大戸屋は、定食メニューが中心でヘルシー・メニューを選びやすいおすすめの外食チェーンです。五穀ご飯を選べば栄養価が更にアップします。

いろいろある大戸屋のメニューの中から、特におすすめなのは「四元豚とたっぷり野菜の蒸し鍋定食」とテイクアウト弁当の「鶏むね肉と野菜の香辛だれ弁当」の二つです。上記のスマートミールに認定されています。

スポンサーリンク

ちょっとお腹が空いた時には「玄米おにぎり」が安くておすすめ

ちょっとお腹が空いた時、簡単に何かヘルシーに食べたいなと思ったら、血糖値が上がりにくく腹に持ちが良くて栄養価の高い玄米がおすすめです。玄米おむすびを売っているお店はまだまだ少ないのですが、玄米おむすびを買えるお店をご紹介します。

ナチュラル・ローソンの「玄米おにぎり(金のいぶき)」

ナチュラル・ローソンには、玄米おにぎりのメニューがあります。

引用:http://natural.lawson.co.jp/recommend/commodity/detail/1330934_4527.html

おむすび権兵衛

玄米おむすびが10種類あります。

引用:http://www.omusubi-gonbei.com/menu/genmai/

ただ残念ながら、ローソンとおむすび権兵衛では、玄米おにぎりが売り切れていることが多いです😢 仕入れが少ないのかな?

寝かせ玄米と日本のいいもの「いろは」

正直、ローソンとおむすび権兵衛の玄米おにぎりは、玄米らしいボソボソ感が否めない感じはあります。すごく美味しいとまでは言えません(私はそれでも食べていますが)。

そこでおすすめなのがこちら↓

ここの玄米おむすびは、玄米の概念を覆します! 本当に美味しい! お赤飯みたい!

店舗数が少ないのが本当に残念なのですが、東京(渋谷、池袋、日本橋)と仙台(エスパル、パルコ、なないろの里)等にお店があります。お近くにあったら是非お試しください。

「健康に良いとわかっていても、やっぱり玄米はちょっと…」という方もいると思います。

ナチュラルローソンやおむすび権兵衛は、玄米のイメージを覆すものではありませんが、「いろは」の寝かせ玄米は、「あまり美味しくないけれど健康のために食べるもの」という玄米のイメージを完全に覆します。

玄米が苦手な方にこそ、是非食べていただきたい玄米です。もち米みたいにもちもちした玄米の美味しさに驚きます!

テイクアウトの他に、イートインもできます。もっと店舗数が増えて欲しいです。

ところで、私はこちらの寝かせ玄米にハマってから、家でも寝かせ玄米にしています。

「いろは」では定期的に、「寝かせ玄米の炊き方教室」を開催しています。

こちらの寝かせ玄米が気に入ったら、是非、家でも玄米食に切り替えることをおすすめします。

これから子育てが始まる妊婦さんには、特におすすめしたいです。

スポンサーリンク

外食でヘルシー・メニューを選ぶコツ

外食はどうしても「糖質」「脂質」「塩分」が高くなってしまいがちです。なぜなら、「高糖質」「高脂質」「高塩分」のメニューは、わかりやすい美味しさで、お客さんの受けが良いからです。

でも、メニューを選ぶ眼を持つことで、外食でもヘルシーに食べることは可能です。メニューを選ぶときのコツは、

  1. 野菜をたくさん摂れるメニューを選ぶ。
  2. 精製度の高い白い炭水化物(白米、じゃがいも、砂糖など)をなるべく避け、精製度の低い茶色い炭水化物(玄米など)を選ぶ。白米よりも、五穀米や玄米の方が健康的です。
  3. 甘いドリンク類を避け無糖のお茶などにして、糖質の摂取量を減らす。
  4. 揚げ物を避けて、脂質の摂取量を減らす。
  5. 麺類のスープは全部飲まないで残し、塩分の摂取量を減らす。

一度、大戸屋かモスバーガーでスマートミールに認定されているメニューを食べてみると、平均的な外食メニューとの違いに驚くと思います。

私は、大戸屋の「四元豚とたっぷり野菜の蒸し鍋定食」を食べてみましたが、野菜の量に驚きました。

どのくらいの野菜を食べなければならないのかが実感できたので、おすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

外食店は、お客さんを喜ばせるために「高糖質」「高脂質」「高塩分」のメニューを揃えています。周りのお客さんたちがこういうメニューを頼んでいたら、どうしても流されちゃいますよね。

周りの誘惑に負けないでヘルシーメニューを頼むことが意外とハードルが高い!

あまりにもお腹が空いた状態でお店に行かないことは重要です。

お腹が空きすぎてると理性のコントロールが効かなくなるので、小腹が空いたかなくらいのうちにお店に行ってヘルシー・メニューを注文しちゃいましょう。

コメント