そうめん具材のすすめ!冷蔵と冷凍保存の作り置きアイディア!

ヘルシーに食べる
スポンサーリンク

暑くて食欲がない時は、そうめんを食べることが多くなりますよね。

でも、そうめんを毎回の食事で出すと、具材がマンネリになりがちで、家族からも「また、そうめん?」と言われてしまうことも。

そうめんだけだと、栄養面も気になってしまいますよね。

そこで、今回は栄養満点で、簡単に用意ができるそうめんの具材のおすすめを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

そうめんの具材は作り置きがおすすめ!

そうめんの具材というと、やはり定番のものが多くなってしまい、マンネリ化してしまいますよね。

ですが、作り置きしておくといろいろなそうめんメニューが楽しめちゃいます!

まずは、そうめんの具材を作り置きしておくメリットをご紹介していきます!

具がたっぷりなそうめんメニューで栄養満点!

そうめんだけでは栄養面が偏り、バランスが心配ですが、野菜や、肉類を一緒に食べれば、解決!

でも、毎回、そうめんに合う具材を作るのは、大変ですよね。

そんな時に、作り置きしておくと、簡単にそうめんにのせるだけで、そうめんをバランスよく食べることが出来るので、おすすめです!

マンネリ化防止になる!

定番の具材は、めんつゆに薬味などですよね。

でも、具材がマンネリ化しすぎて、家族にも飽きられてしまって、困ってしまいますよね。

そんな時に、作り置きを何品かしておくと、定番そうめんではなく、アレンジそうめんが楽しめて、家族もきっと、満足してくれるはずですよ!

簡単に短時間で、おいしいメニューができる!

夏は特に、暑くて料理をするやる気が出ないですよね。

でも、「お昼ごはんにしないと。。」と、暑くてだるい体を動かして、キッチンに立ちますが、やはり長い時間、料理をするのはつらい。

そんな時に役立つのが「そうめん」。

そして、そのそうめんに合う作り置きの具材をのせれば、短時間で、おいしいメニューが作ることが出来ますね。

スポンサーリンク

冷蔵庫で5日間日持ちする作り置きそうめん具材のおすすめ

では、おすすめの作り置きのそうめん具材をご紹介していきましょう。

冷蔵庫で5日間くらい日持ちがする具材です。

ピリ辛肉味噌

≪材料≫(2人分)

・ひき肉…150g

・玉ねぎ…1/4個

・ラー油…小1

*オイスターソース…大1.5

*酒…大2

*酢…小1.5

*鶏がらスープの素…小0.5

*味噌…小1

≪作り方≫

1.フライパンで、ラー油を熱し、ひき肉と玉ねぎを炒める。

2.1に火が通ったら、*の調味料を加え、残りの材料を混ぜ合わせて完成。

食べるときに、千切りにしたきゅうりや、みょうが、ゆで卵などをのせて、一緒に食べるとおいしくいただけます。

ナスの中華だれ

≪材料≫(2人分)

・ナス…3本

・長ねぎ…2/1本

・ごま油…適量

*しょうゆ…大3

*みりん…大3

*酢…大1

*砂糖…大1

*ごま油…適量

*ラー油…お好みで

≪作り方≫

1.ナスは輪切りに、長ねぎはみじん切りにしておく。

2.*の調味料と、長ねぎを耐熱容器に入れ、蓋をせずに、電子レンジで50秒ほど、加熱する。

3.ごま油を熱したフライパンで、ナスを両面焼き、しんなりとして火が通ったら、2のタレに漬け込む。

長ねぎではなく、大葉やみょうがを加えたり、焼いた豚肉なども一緒に漬けてもおいしくいただけます。

ナスの梅煮浸し

≪材料≫(2人分)

なす…2~3本

*水…100ml

*めんつゆ…大0.5

*梅肉…梅干し2個分

*かつお節…小袋1パック

≪作り方≫

1.ナスのガクをとり、しましまに皮をむき、縦に半分にカットし、さらに横に2.3等分します。

2.*の調味料を混ぜ合わせておきます。

3.油をひかずに、なすをフライパンで少し焼き目がつくまで、焼いていきます。

4.焼き目がついてきたら2を加え、混ぜ合わせ、蓋をして、煮立たせます。

5.煮立ってきたら、弱火にし、全体的になすがしんなりとしてくるまで煮込みます。

6.火を止めて、粗熱がとれるまで、味をしみ込ませます。

薬味も添えて、煮汁ごと、一緒に食べるとおいしくいただけます。

スポンサーリンク

冷凍庫で1か月日持ちする作り置きそうめん具材のおすすめ

さらに冷凍庫で1か月日持ちするそうめん具材もご紹介して行きましょう!

冷凍保存は、小分けにして冷凍しておくと、使いやすいですよ!

きのこたっぷりなめ茸

≪材料≫(2人分)

・きのこ類(えのきだけ、ぶなしめじ、しいたけなど)…300g程

・酒…大1

*めんつゆ…大0.5

*しょうゆ…大0.5

≪作り方≫

1.きのこ類の石づきをとり、手でほぐしておきます。

(えのきや、大きめのきのこの場合は食べやすい大きさにカットします)

2.きのこ類を深めの鍋に入れ、酒を加えたら、蓋をして、弱火でじっくりと火を通します。

3.きのこがしんなりとして、香りが立ってきたら、*の調味料を加え、かき混ぜて、全体に絡める。

きのこ類は冷凍すると、旨味が増し、さらにおいしくいただけます。

豚こまの味噌しぐれ煮

≪材料≫(2人分)

・豚こま切れ肉…200g

・おろししょうが…適量

*酒…50ml

*みりん…大2

*味噌…大1

*砂糖…大0.5

≪作り方≫

1.フライパンに*の調味料を入れ、よく混ぜ合わせておきます。

2.豚こま肉とおろししょうがを加え、全体を混ぜ合わせます。

3.蓋をして、火をつけ強火で煮込み、蒸気が出てきたら、弱火で1分煮込みます。

4.蓋を開け全体的に混ぜ合わせ、煮汁が少し残るくらいまで、弱火で10分程煮込みます。

七味唐辛子や青ねぎなど、お好きな薬味と一緒に召し上がっても、おいしいですよ!

ひじきのゆかり和え

≪材料≫

・大豆の水煮…1袋(130g)

・乾燥ひじき…100g程

・かつお節…小袋2パック

・ゆかりふりかけ…大1

・いりごま…大1

≪作り方≫

1.ひじきは袋の表示通りの時間、水でもどしておきます。

2.水気を切った1と他の材料を全て混ぜ合わせます。

食べるときは、めんつゆと、大葉の千切りと一緒に召し上がるとおいしいですよ!

ピーマンの青じそおかか和え

≪材料≫(2人分)

・ピーマン…2~3個

・酒…大1

・かつお節…小袋1パック

・大葉…5枚程

・しょうゆ…小2

・砂糖…小1

≪作り方≫

1.ピーマンと大葉を千切りにしておきます。

2.フライパンでピーマンと、酒を入れ、蓋をして少ししんなりとするまで、酒蒸します。

3.砂糖としょうゆを、加え、混ぜ合わせます。

4.火を止め、かつお節も加え、混ぜ合わせます。

5.粗熱が取れたら、大葉を加えます。

大葉は冷凍に向かないので、冷凍する場合は大葉を加えずに冷凍し、食べるときに加えましょう。

食べるときに、めんつゆと、お好みの薬味と一緒にいただくのがおすすめです。

スポンサーリンク

買っておくだけのおすすめそうめん具材

忙しくて、作り置きを作っている時間がない方にピッタリ。

買っておくだけで、そうめんがおいしく召し上がれる具材もご紹介します。

さんまの蒲焼きの缶詰

甘辛いタレとめんつゆが絡まって、おいしいですよ。

細かく切った青ねぎも散らして、お好みの薬味と一緒に食べるのがおすすめです!

キムチ

辛いのが好きという方にピッタリの具材です。

千切りしたきゅうりや、ゆで卵と一緒に食べると、冷麺風の味になりますよ。

スポンサーリンク

最後に

夏の風物詩の「そうめん」ですが、マンネリしがちな食材ですよね。

シンプルな味なのでアレンジ次第で、意外となんでも合う食材なんですよ。

時間があるときに具材を作り置きしておけば、栄養もとれるし、マンネリ防止にもなるので、おすすめです。

今年の夏は、具材の作り置きでいろいろな味でそうめんを味わいましょう。

スポンサーリンク
ヘルシーに食べる
スポンサーリンク
ひろこをフォローする
Joy of Living

コメント