正月飾りの種類と意味!子どもに教えたい縁起物の意味!

季節の行事

「正月飾りって、何のため?」

「縁起物って何? どんな意味があるの?」

子どもにこんなことを聞かれても、すぐには答えられないことってありますよね。

正月飾りの縁起物には、それぞれの意味があります。

この記事では、正月飾りの種類と縁起物の意味をご紹介します。

最近は、昔ながらの日本家屋に住む人が減ってきていて、伝統的なお正月飾りを飾る人も少なくなってきています。

でも、新年を祝う古来からの日本の年中行事は、子どもたちに伝えていきたいもの。

この記事では、ご家庭で気軽に飾れるお正月飾りとその意味をご紹介していきます。

子どもたちに日本の年中行事の意味を教えながら、新しい年を迎える準備をしましょう。

スポンサーリンク

定番の正月飾り

定番の正月飾りには、それぞれ意味があります。

門松

門松は玄関の前に飾られ、お店や会社の前には、大きな門松が飾られます。

お正月によく見る門松は、「ここが神様の降りる神聖な場所です」という目印の役割があります。

門松を飾っている家は目を引きますが、神様に場所を知らせる目印なら目立つのも納得ですね。

新年の幸せや健康長寿の願いが、門松には込められています。

松は常緑という枯れない木で、生命力があることから縁起が良いとされています。そのため、おめでたい正月飾りに使用されるのにピッタリな植物です。

対で飾るスペースがなくても、一つでも十分にお正月らしい雰囲気になります↓

次の門松は、紙と造花をつかっているので、長持ちします↓


しめ縄飾り

玄関先に門松を置くスペースがないマンションでも玄関扉に飾れるのが、しめ縄飾りです。

しめ縄飾りは、神様を迎える神聖な場所の証として使われ、玄関に飾って災いが外から入ってくるのを防ぎます。

さまざまな材料を使って作られるしめ縄には、それぞれの材料に意味がこめられています。

・藁 古い年の悪いものを払う

・裏白 長寿を願う

・ゆずり葉 子孫繁栄を願う

・橙 家系が繁栄する

華やかなしめ縄飾りです↓

天然素材を使ったしめ縄↓

お正月のしめ縄飾りの捨て方・処分方法については、こちらの記事をごらんください。

鏡餅

鏡餅も、お正月飾りの定番です。お正月ムードを演出してくれますね。

鏡餅は、神様と新年をお祝いすると同時に、良い1年になるようにと祈願する意味がこめられています。

神様の神器のひとつに鏡があり、その鏡を模して餅を丸い形にしたといわれています。

近頃は、このようなガラス製もでています。

「お餅でないのは邪道なんじゃないの?」と思われるかもしれませんが、もともとは、神具である鏡をお餅で表現したもの、という由来を考えれば、お餅でなくても問題ありません。

ぽってとしたフォルムがとても可愛らしく、毎年くりかえし使えるのが嬉しいです。

スポンサーリンク

お正月飾りの縁起物

正月飾りには、いろいろな縁起物のモチーフが使われています。

ひとつひとつに意味があるので、正月飾りによく使われる縁起物の意味を紹介します。

干支

干支は、その年の家内安全を祈る縁起物です。

さらに、干支は動物ごとに意味があります。

・子 子孫繁栄

・丑 粘り強さ、誠実さ、商売繁盛

・寅 決断力、才覚

・卯 安全の象徴、飛躍

・辰 権力

・巳 永遠

・午 健康長寿、豊作

・未 家族安泰

・申 賢者

・酉 商売繁盛

・戌 忠義

・亥 無病息災

2023年の干支は、「卯」です。

「寅」は、決断力と才覚をあらわしていると考えられ、新しい未来を切り開く象徴になります。

獅子舞

獅子舞には、疫病や悪魔を追い払う力があるといわれています。

よく獅子舞が頭を噛む風習がありますが、人に付いている邪気を獅子舞が食べてくれるという意味があります。

壁掛けにもスタンドにもかけられるタイプの獅子舞なので、簡単にお正月らしい雰囲気になります。

昔ながらの張り子の獅子舞も、コンパクトなので気軽に飾れます↓

七福神

縁起物の代表格の七福神は、7つの災いを払って7つの幸福を与えてくれる7人の神様です。

7というめでたい数字ということもあり、縁起物として扱われるようになりました。

ラッキーセブンとよく言いますが、実は日本でも昔から7は大事な数字とされてきました。

故人を思う仏教でも、四十九日などで7にまつわる日が重要とされたり、七草粥や七夕など、縁起を担ぐ場面で7という数字は大事にされています。

鶴亀

鶴亀の模様も縁起が良いといわれていて、正月によく使われます。

基本的には長寿を祈願するものですが、鶴も亀もめでたい生き物といわれています。

鶴は鳴き声が高く遠くまで届くため、尊くめでたい生き物とされ、亀は伝統の吉祥文様の亀甲の由来です。

こちらの掛け軸は、お正月の縁起物がてんこ盛りで描かれているすごく縁起の良い掛け軸です。

マンション暮らしにもあったサイズで、使いやすいです↓

スポンサーリンク

お正月飾りに使われる草花

生き物だけでなく、草花にも縁起が良いとされるものがあります。

草花は装飾品として使いやすく、華やかにしてくれるので多くの正月飾りに使われています。

南天

南天(なんてん)は、名前をもじって「難を転じる」という魔除けの花といわれています。

花言葉が「良い家庭」ということもあり、縁起が良くお正月にピッタリです。

千両

千両(せんりょう)は、名前がお金を連想させることもあり、金運の願掛けに使われます。

赤い実をたくさん付けることから、装飾に使うと一気に華やかになります。

榊 (造花)(楽天)

榊(さかき)はもともと御神木とされていて、神様にとって一番親しみのある木といわれています。

常緑で枯れないことからも、縁起が良いとされています。

スポンサーリンク

お正月に神社でいただく縁起物

正月飾りや縁起物は、神社からいただくものもあります。

初詣に行ったら探してみてください。

破魔矢、絵馬

破魔矢と絵馬は、神社ならではの縁起物です。

・破魔矢 災いを退治し、幸せに暮らせるように祈願する

・絵馬 お願いをしたり、叶ったときに奉納するもの

この2つは正月以外にも使われますが、縁起の良さから正月にはぜひいただいておきたいです。

どちらも大きなものではないですが、日本の正月らしさを感じます。

海外文化が当たり前に身近にありますが、お正月は日本らしい文化を大事にしたいですね。

熊手

熊手は酉の市のイメージが強いですが、縁起の良さからお正月にも向いています。

熊手は金運や幸運をかき集めるといわれています。

もともと掃除に使う熊手が縁起物とされていましたが、装飾をするようになりました。

今では七福神や鯛などで装飾をしたにぎやかなものが一般的です。

特に、千客万来を願うお店に飾られています。

スポンサーリンク

まとめ

正月飾りや縁起物の種類と意味について紹介しました。

すべての飾りにはそれぞれ意味があり、古来から伝われてきた日本の文化です。

願いを込めてお正月飾りを飾り、新年の幸せを祈る気持ちを大切に伝えていきたいですね。

正月飾りで、素敵な新年を迎える準備をしましょう。