正月飾りの玄関への付け方!飾る位置は?いつからいつまで飾る?

エコな暮らし
スポンサーリンク

年末が近付いて「正月飾りを飾る期間は?」「しめ縄の輪飾りは何で玄関に付ければいいの?」と疑問に思う人が多いのではないでしょうか。

私は一人暮らしを始めたときに、「そういえば正月飾りってどうするんだっけ」と悩みました。

今回は、正月飾りの飾り方を紹介します!

・正月飾りを飾る場所

・飾るのにおすすめな市販のフックを紹介

・正月飾りを飾る期間

・玄関の外側に飾れないときは?

飾る位置や期間についても紹介するので、この記事を読めば正月飾りに関する疑問が一度で解決しますよ。

スポンサーリンク

正月飾りは歳神様の目印になるところに飾る

正月飾りを飾る位置は、玄関や門口が一般的です。

玄関扉や上のスペース、扉の横など、飾る場所は様々ですが、目線より少し高めの目立つ位置がいいといわれています。

玄関に飾るしめ縄の正月飾りは、「この家は歳神様を迎え入れる神聖な場所」だと示すために飾るのが一般的です。

歳神様に見つけてもらいやすくするため、目立つ場所に飾るのがいいとされています。

しめ縄の飾りを飾っているところは神聖な場所なので、悪霊などの悪いものは入ることができません。

そのため、防御壁や魔除けの役割を果たしているともいわれています。

良い1年にするために、正月飾りは玄関の目立つところに飾りましょう。

スポンサーリンク

市販のフックを使った正月飾りの玄関ドアへの付け方

正月飾りを飾るときは、飾る壁の材質にあわせて、市販のフックを使うのがおすすめです。

フックのタイプ別におすすめの商品を紹介します。

どんな壁面におすすめで、どんなメリットがあるのかなども紹介するので、自分の家の玄関には何が合っているのか確認してみてください。

マグネットタイプ

詳しくはこちら >> 楽天でチェックする

磁石が付く玄関扉なら、マグネットタイプのフックがおすすめ。

磁力の強いマグネットなら、雨風が強くても外れないので安心です。

この、the resetのマグネットフックは、小さくてシンプルなデザインなので、正月飾りを目立たせることができます。

耐荷量が2キロなので、正月飾りを飾るには十分です。

お正月飾り以外にも、いろいろの用途にも使えるのが嬉しいポイント。

マグネットタイプのフックは、基本的に玄関扉を傷付けることはありません。

万が一ぶつかったりしてマグネットが動いたときに傷が付くのが心配であれば、直接扉に触れる部分にテープを貼ると、傷付くのを防げますよ。

粘着タイプ

詳しくはこちら >> 楽天でチェックする

粘着は貼り直せなくて剥がすと跡が付くイメージがありますよね。

この粘着フックは跡が付かずに貼り直せるのが特徴。

耐荷量8キロととても強力なので、不意にぶつかってもフックがはずれる心配がありません。

大きなクリスマスリースも安心して飾れます。

防水性で、雨に濡れても大丈夫なところも嬉しいです。

10個セットなので、いろいろ使い道がありそうですね。

吸盤タイプ

詳しくはこちら >> 楽天でチェックする

扉の横がガラスなどでツルッとしていたら、吸盤タイプのフックがぴったり。

吸盤は傷付くことがないので、安心して使うことができます。

吸盤と聞くと、小さいつまみがついていて、すぐに空気が入ってとれてしまうものを想像しますが、今回紹介する吸盤はロック機能があり、空気が入りにくくなっています。

耐荷量が5キロなので、クリスマスリースなどにも使えます。

取り外しも楽なので、数日で取り外す正月飾りを飾るにはぴったりです。

吸着面に汚れがあると外れやすくなるので、取り付ける前に大掃除を兼ねてきれいにしておくといいですよ。

スポンサーリンク

正月飾りを玄関につけるのはいつからいつまで?

正月飾りを飾る期間は、クリスマス後の12月26日、27日〜1月7日が一般的といわれています。

暦の上では12月13日が正月事始めなので、12月中旬頃から正月飾りを飾っても問題はありません。

ただ、12月はクリスマスがあり、リースを飾る家庭も多いです。

クリスマスが終わって年末年始ムードが本格化してから、リースから正月飾りに交換するのが一般的になったようです。

飾り始めの日にちで縁起をかつぐなら、28日か30日がいいでしょう。

28日は末広がりの8、30日はキリが良くて縁起がいいといわれています。

29日は9で苦に繋がり、31日は一夜かぎりで縁起が悪いとされています。

気にしすぎる必要はありませんが、せっかくなので縁起がいい日に飾って気持ちよく新年を迎える準備をしたいですね。

正月飾りを片付けるのは、お正月ムードが落ち着いてくる七草粥の1月7日に片付けるのがいいでしょう。

これよりも遅いとお正月感が薄れていって、浮いてしまいますよ。

スポンサーリンク

玄関の内側に正月飾りをしてもいいの?

建物の関係で外に正月飾りを飾れない場合は、内側に飾るのがおすすめです。

マンションやアパートでは、トラブルの原因になる可能性があるので、玄関の外に飾りを出すのを禁止していることがあります。

正月飾りは外に飾るものですが、ルールを破ってまで外に飾る必要はありません。

内側に飾る場合は、外から来る歳神様に見えやすい位置がいいでしょう。

玄関扉を開けて初めに目につく場所、目線より少し高めの位置につけるといいですよ。

私は扉を開けてすぐ横の壁に飾っています。

キッチンや洗面台など、水回りもいいと言われています。

汚れないように飾れるスペースがあれば、水回りもいいですね。

玄関扉の裏は扉を開けると見えなくなってしまうので、避けましょう。

スポンサーリンク

最後に/まとめ

今回は、正月飾りの飾り方や飾る期間について紹介しました。紹介したものが多いので、実際に飾るときに役立つ情報をまとめます。

・玄関扉や門口などの、目線より少し上の目立つところに飾るのがベスト

・付けるところの性質に合わせて市販のフックを活用する

・クリスマス後〜1月7日まで飾るのが一般的

・建物のルールで外に飾れないときは、玄関の内側に飾ってもいい

正月飾りは良い1年にするためのお飾りです。

古来からのしきたりをそのまま踏襲できなくても、何よりも大事なのは、歳神様をお迎えする気持ちです。

現代生活に合わせた形で正月飾りを飾り、歳神様をお迎えすることは何も問題ありません。

ぜひ素敵な正月飾りを飾って、素敵な1年にしましょう。

スポンサーリンク
エコな暮らし
スポンサーリンク
管理人をフォローする
Joy of Living

コメント