正月飾りの玄関ドアへの付け方と位置!いつからいつまで飾る?

季節の行事

年末が近付いてきましたね。

「正月飾りは、玄関のどの位置につければ良いの?」

「どうやって玄関につけるの?」

「正月飾りを飾る期間はいつからいつまで?」

などと疑問に思う人が多いのではないでしょうか。

今回は、正月飾りの飾り方を紹介します!

・正月飾りを玄関につける位置

・飾るのにおすすめな市販のフックを紹介

・正月飾りを飾る期間はいつからいつまで?

・玄関の外側に飾れないときは?

この記事を読めば正月飾りに関する疑問が一度で解決します。

スポンサーリンク

正月飾りは外から来る年神様の目印になる位置に飾る

正月飾りを飾る位置は、玄関や門口の外側の目立つ位置に飾りましょう。

なぜなら、正月飾りは、外から来る年神様をお迎えする目印として飾るものだからです。

年神様に見つけてもらいやすくするため、目立つ場所に飾りましょう。

玄関扉や上のスペース、扉の横など、飾る場所は様々ですが、目線より少し高めの目立つ位置がいいといわれています。

しめ縄の飾りを飾っているところは神聖な場所なので、悪霊などの悪いものは入ることができません。

そのため、防御壁や魔除けの役割を果たしているともいわれています。

良い1年にするために、正月飾りは玄関の目立つところに飾りましょう。

スポンサーリンク

市販のフックを使った正月飾りの玄関ドアへの付け方

正月飾りを飾るときは、飾る壁の材質にあわせて、市販のフックを使うのがおすすめです。

フックのタイプ別におすすめの商品を紹介します。

どんな壁面におすすめかも紹介するので、自分の家の玄関には何が合っているのか確認してみてください。

マグネットタイプ

詳しくはこちら >> 楽天でチェックする

磁石が付く玄関扉なら、マグネットタイプのフックがおすすめ。

磁力の強いマグネットなら、雨風が強くても外れないので安心です。

この、the resetのマグネットフックは、小さくてシンプルなデザインなので、正月飾りを目立たせることができます。

耐荷量が2キロなので、正月飾りを飾るには十分です。

お正月飾り以外にも、いろいろの用途にも使えるのが嬉しいポイント。

マグネットタイプのフックは、基本的に玄関扉を傷付けることはありません。

万が一ぶつかったりしてマグネットが動いたときに傷が付くのが心配であれば、直接扉に触れる部分にテープを貼ると、傷付くのを防げますよ。

粘着タイプ

詳しくはこちら >> 楽天でチェックする

粘着は貼り直せなくて剥がすと跡が付くイメージがありますよね。

この粘着フックは跡が付かずに貼り直せるのが特徴。

耐荷量8キロととても強力なので、不意にぶつかってもフックがはずれる心配がありません。

大きなクリスマスリースも安心して飾れます。

防水性で、雨に濡れても大丈夫なところも嬉しいです。

10個セットなので、いろいろ使い道がありそうですね。

吸盤タイプ

詳しくはこちら >> 楽天でチェックする

扉の横がガラスなどでツルッとしていたら、吸盤タイプのフックがぴったり。

吸盤は傷付くことがないので、安心して使うことができます。

吸盤と聞くと、小さいつまみがついていて、すぐに空気が入ってとれてしまうものを想像しますが、今回紹介する吸盤はロック機能があり、空気が入りにくくなっています。

耐荷量が5キロなので、クリスマスリースなどにも使えます。

取り外しも楽なので、数日で取り外す正月飾りを飾るにはぴったりです。

吸着面に汚れがあると外れやすくなるので、取り付ける前に大掃除を兼ねてきれいにしておくといいですよ。

スポンサーリンク

正月飾りを玄関ドアに飾るのはいつから?

12月28日か、30日に飾るのがおすすめです。

なぜなら、お正月飾りは年末の大掃除が終わってから飾るものだからです。

お正月飾りには、大掃除が終わり家が清められ、「年神様をお迎えする準備ができましたよ」という意味があります。

12月13日を「正月事始め」と言い、13日からお正月を迎える準備を進めるものとされています。

また、現代の生活ではクリスマスを楽しむ家庭も多く、25日まではクリスマスリースを玄関ドアに飾っている家庭もありますね。

ですので、お正月飾りを飾るのは、12月28日か30日がおすすめです。

28日は末広がりの8、30日はキリが良くて縁起がいいといわれているからです。

一方、29日は9で苦に繋がり、年末ギリギリに大掃除をして31日に飾るのは「一夜飾り」と言われます。

「大掃除をして、年神様を迎える準備が整った印」として、12月28日か30日にお正月飾りを飾るのが良いでしょう。

スポンサーリンク

正月飾りを玄関ドアに飾るのはいつまで?

正月飾りを片付けるのは、松の内(多くの地域で1月7日まで、関西では1月15日も地域もある)が終わった翌日に片付けるのがいいでしょう。

お正月飾りの捨て方・処分方法については、こちらの記事に書きました。

スポンサーリンク

玄関の内側に正月飾りをしてもいいの?

マンションやアパートの規則などの関係で、玄関ドアの外に正月飾りを飾れない場合は、どうしたら良いでしょう?

マンションやアパートでは、トラブルの原因になるのを防ぐため、玄関の外に飾りを出すのを禁止していることがあります。

本来は、外から来る年神さまをお迎えする目印として正月飾りを飾るので、玄関ドアの外側に飾りたいところですが、規則を破ってまで外に飾る必要はないでしょう。

その場合は、玄関の内側の外から来る年神さまに見えやすい位置がいいでしょう。

玄関扉を開けて初めに目につく場所の目線より少し高めの位置につけるといいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、正月飾りの飾り方や飾る期間について紹介しました。紹介したものが多いので、実際に飾るときに役立つ情報をまとめます。

・玄関ドアや門口などの、目線より少し上の目立つところに飾るのがベスト

・付けるところの性質に合わせて市販のフックが活用できる

・お正月飾りは大掃除が終わってから飾る。

・12月28日か30日に飾るのが一般的。

・1月7日まで飾り、1月8日に片づける。

・建物のルールで玄関の外に飾れないときは、玄関の内側に飾ってもいい

正月飾りは良い1年にするためのお飾りです。

古来からのしきたりをそのまま踏襲できなくても、何よりも大事なのは、年神様をお迎えする気持ちです。

お正月飾りを飾って、気持ちを新たにして素敵な1年にしましょう。