餃子フェス2022大阪城公園!混雑回避のおすすめと人気メニューを紹介!

季節の行事

本記事では、人気フードイベント「餃子フェス2022大阪城公園」の混雑回避のおすすめと、注目の人気メニュー、料金などをご紹介します\(^_^)/

コロナ以来、久しぶりの餃子フェス、新緑の大阪城公園でぜひ満喫してください!

スポンサーリンク

餃子フェス2022大阪城公園の基本情報

名称: クラフト餃子フェスOSAKA2022

期間: 5月3日(火・祝)〜5月8日(日)

時間: 10:00〜20:00

場所: 大阪城公園 太陽の広場(大阪市中央区大阪城)

最寄り駅: JR 大阪城公園駅から徒歩2分

      大阪メトロ 大阪ビジネスパーク駅から徒歩5分

料金: 入場料は無料。

    飲食代は別途(下記で解説します)

スポンサーリンク

餃子フェス大阪城公園を動画でチェック

2019年にあった餃子フェス大阪城公園の様子を動画でチェックしてみましょう↓

コロナ禍になって久しぶりの餃子フェスなので、2022年の大阪城公園もこのくらいの人出が予想されます。

さて、2022年の餃子フェス大阪城公園にはどんなメニューがあるのか気になりますよね♪

そこで次に、2022年の人気店舗のおすすめメニューを紹介します\(^_^)/

スポンサーリンク

餃子フェス2022大阪城公園のおすすめ餃子はコレ!

「餃子フェス2022大阪城公園」には全国の有名店・人気店がたくさん出ています。

そのなかでも特に人気の高いお店のおすすめを2つご紹介しましょう。

謹製 旨味肉汁餃子

数々のフードイベントでたびたび1位に選ばれ、全国の餃子フェスではたびたび販売数1位になってきた、大人気の餃子。

白ご飯が欲しくなる王道の餃子で、行列必至。

十勝産濃厚味噌バター牛カツ餃子

中の餡は豚ではなく牛のぶつ切りミンチが入っている揚げ餃子。

ワインにもあう女子に人気なおしゃれな餃子ながらも、大き目でボリュームばっちり。

食べたい餃子がいっぱいの「餃子フェス2022大阪城公園」。

そうなると、やっぱりお値段が気になりますね。

次にチケット料金をご紹介します。

スポンサーリンク

餃子フェス2022大阪城公園のチケット料金は?

チケット(食券)は1枚700円で、餃子、チャーハン、ビールはどれも一つ700円です。

2019年の餃子フェス@大阪城公園は、チケット1枚600円だったので、100円値上がりしてしまいました。

チケット1枚で餃子一皿が買えるのね。

チケットは、現金かクレジットカードで、会場内の食券販売所で買うことができます。

電子マネーを持っていれば、そのまま電子マネーで決済できるので、チケットを買う必要はありません。

また、700円未満の一部のスイーツやソフトドリンクは、現金でも支払うことができます。

僕は餃子3皿にチャーハンとビールが欲しいから、チケット5枚だね。

スポンサーリンク

餃子フェス2022大阪城公園の混雑状況は?

2022年のゴールデンウィークに新緑の大阪城公園で開催される人気のフードイベント「餃子フェス」なので、人出は多いです。

会場は広いので歩きなれた靴で、お出かけすることをおすすめします。

コロナ前の2019年の餃子フェスも、このくらい混んでいました↓

大人気のイベントですので、ある程度の混雑は仕方ありませんが、やっぱり少しでも混雑は避けて楽しみたいですよね!

次に、混雑回避のおすすめをご紹介します。

スポンサーリンク

餃子フェス2022大阪城公園の混雑回避のおすすめ

少しでも混雑を回避して、餃子フェス2022大阪城公園を楽しむためのおすすめの方法をご紹介します。

あまり混雑しない時間帯をねらう

混雑する日時の目安は次のとおりです。

  1. 午前中より午後からの方が混みだす。
  2. 昼食と夕食のあいだの午後4時くらいは人出が少ない。
  3. 日没後は空いてきて、19時以降はさほど並ばない。
  4. 平日(5月6日)の方が、土日・祝日より空いている。
  5. 天気の良い日の日中が最も人出が多い。

日没後は空いてくるので狙い目ですが、まだ肌寒いので、温かい服装でお出かけください。

電子マネーを十分にチャージしておく

次の電子マネーかQRコード決済を用意するのがおすすめです。

会場にはチャージ機はないので、事前に十分にチャージしておきましょう。

そうすれば、食券売場の行列に並ばなくてすみます。

電子マネー

iD / QUICPay / nanaco / 楽天Edy / WAON / Kitaca / PASMO / Suica / manaca / TOICA / ICOCA / はやかけん / nimoca / SUGOCA

QRコード決済

PayPay

クレジットカードの場合は、食券売場でチケットを購入することになります。

ファストチケットを買う

餃子フェスでは「ファストチケット(500円)」というのが用意されています。

一般購入列とは別に、商品を優先的に買うことができる「ファストレーン」をファストチケット1枚で1回利用できます。

ディズニーランドのファストパスみたいなものね。1枚500円。

ファストチケットは1枚500円で、会場内の食券販売所で購入できます。

あまり並ばないお店もありますが、人気のお店は長蛇の列なので、ファストチケットの利用価値があります。

でも、1枚500円なので、その時の様子を見てからファストチケットを買うかどうか決めた方がいいでしょう。

前売り券を買う

混雑のピーク時には食券売場にも行列ができます。

電子マネーを使わない人で、食券売場の行列が心配な場合には、前売り券「食べ比べセット」を買っておくという手もあります。

チケット(700円)5枚 

+ ファストチケット(500円)2枚

通常は4500円のところ、前売り価格は4000円

このページから、前売り券「食べ比べセット」を購入することができます。

でも、さほど混んでいなければ、ファストチケットが無駄になるので、よく考えよう。

複数人で行くなら役割分担する

複数人で餃子フェスに行くなら、役割分担をしましょう。

A餃子の列に並ぶ人

B餃子の列に並ぶ人

食べる場所を確保する人

などですね。

会場についたらお目当ての餃子店に直行できるように、あらかじめ、どの餃子を食べたいか考えておくのがおすすめです!

スポンサーリンク

まとめ

以上、「餃子フェス2022大阪城公園!混雑回避のおすすめと料金を紹介」をお届けしました。

久しぶりの大型フードイベントで、食べたいものいっぱいの「餃子フェス2022大阪城公園」。

少しでも混雑を避けて、ぜひ、お目当ての餃子を全部食べてきてくださいね\(^_^)/