ブラーバ380jと390jと371jの違い!コスパの良い選び方は?

暮らし

ブラーバの300シリーズは、380j、390j、371jの3種類は、見た目には殆ど差がなく、違いがわかりにくいですね。

ブラーバの300シリーズは、380j、390j、371jの3種類の違いは、付属品の違いです。

私はブラーバ380jを使っていますが、371jと390jの3機種の違いと、実際の使用どんな方にどの機種がおすすめかをご紹介します。

スポンサーリンク

ブラーバ300シリーズの比較表

ブラーバ300シリーズの比較一覧表です。

実勢価格は、2021年1月現在のAmazonでの価格です。

本体の性能は全て同じです。

型番380j371j390j
発売時期2014年7月2015年6月2019年6月
本体性能同一性能
急速充電スタンド×
充電時間2時間4時間2時間
ドライクロス(白)1枚2枚2枚
ウェットクロス(青)1枚4枚2枚
床用洗剤30mlパック××2個
公式価格取扱なし40700円(税込)76868円(税込)
実勢価格(Amazon調べ)37150円(税込)33660円(税込)43860円(税込)

違いがあるのは、付属品だけです。

付属品の違いによって、使い勝手がどのくらい変わってくるのか、具体的にご紹介していきます。

スポンサーリンク

充電時間が2時間か4時間か

ブラーバ380jと390jには、急速充電スタンドが付属しているので、2時間で充電できます。

一方、371jは急速充電スタンドが附属していないので、充電に4時間かかります。

でも、実際のところ、充電時間の2時間の差が使い勝手にどれほどの違いをもたらすのでしょうか?

使ってみての実感ですが、1日に一部屋(20畳くらい)を掃除するだけなら、充電時間の差はあまり関係ないと思います。

それに対して、一日で集中的に全てのお部屋(20畳以上)を掃除したい方、午前と午後に2回水ぶきしたいなどの方は、急速充電スタンドがあった方が便利です。

スポンサーリンク

急速充電スタンドの有無

写真のように、ブラーバ380jと390jは急速充電スタンドに立てて充電しますが、371jには急速充電スタンドがついていません。

\急速充電スタンドはこれです↓/

では、どうやって充電するのでしょうか?

下記の写真のように、ACアダプターを本体に直接差し込んで充電します(4時間かかります)。

急速充電スタンドがなくても自立するので、さほど不自由はないと思います。

それでも、どうしても後から「急速充電スタンドがやっぱり欲しい~」となった場合は、単体でも購入できます。

公式オンラインストア(1万円以上の注文で送料無料)

スポンサーリンク

ドライクロスの数

ドライクロスは、から拭きモードのときに使用するクロスです。

ドライクロスの枚数が、ブラーバ380jは1枚なのに対して、390jと371jでは、2枚ついてきます。

しかし、ドライクロスは、使ったら洗わなければなりません><

ブラーバを購入するのは、家事を少しでも時短したい方だと思うので、ドライクロスを洗って繰り返し使いたいと思う人は少ないはず。

そこで!

ドライクロスの代わりに、使い捨てできるクイックルワイパーがおすすめです。

クイックルワイパーが、大きさもちょうどブラーバ300シリーズにぴったりです。

なので、使い捨てのクイックルワイパーを使う予定の方にとっては、付属のドライクロスの数はあまり関係ないと思います。

スポンサーリンク

ウェットクロスの数

ウェットクロスは、水ぶきモードの時に使うクロスです。

水ぶきモードがブラーバの最大の魅力なので、このクロスは一番良く使います。

洗い替えに何枚か持っていると便利です。

ウェットクロスシートは、単体でも購入することができます。

また、純正品ではありませんが、ブラーバ300シリーズで使える代用品のウェットクロスも売られています。

ことらの方が、だいぶお安いです。

私もこのウェットクロスを洗い替えに使っていますが、全く問題ありません。


スポンサーリンク

ブラーバ専用の床用洗剤(2回分)の有無

ブラーバ390jには、ブラーバ専用の床用洗剤が2回分が付属します。

380jと371jには床用洗剤が付属しませんが、この洗剤は、371jと380jにも適応です。

ですので、使いたい場合は、単体で購入することができます。


スポンサーリンク

ブラーバで市販の洗剤を使用する方法

ただ、実際にブラーバ380jを使用して感じることは、ウェットクリーニングパッドに洗剤を入れるのは効率が悪いような気がします。

と言うのも、ブラーバ300シリーズは、水をジェット噴射させる訳ではないので、水をあまり使わないからです。

一回ウェットクリーニングパッド(タンクのようなもの)に水を入れると、一回の数字では、この水は使い切れません。

水も腐るので、私は残った水は捨てて、毎回水を入れ替えて使っています。

そうすると、せっかく水に洗剤を混ぜても、使い残しの洗剤は捨てることになってしまいます。

もったいないし、効率が悪いですね。

そこで私は、ウェットクリーニングクロスに直接、市販の洗剤を吹き付けて使っています。

2度拭きはしたくないので、2度拭き不要の電解水を使っています。


これだと洗剤を無駄にすることがなく、毎回新鮮な水(?)で拭き掃除ができます。

また、ブラーバ専用の床用洗剤は界面活性剤入りなのですが、うちのフローリングは界面活性剤入りの洗剤は使用禁止なのです><

そういうこともあり、うちでは電解水を直接クロスに吹き付けて使っています。

スポンサーリンク

ブラーバ300シリーズのおすすめ機種はこれ

300シリーズの3機種の中から一つを選ぶとしたら、どんな方にどの機種がおすすめなのかまとめてみます。

一日一部屋(20畳くらい)を掃除すればよい方

コストパフォーマンスから言って、371jがおすすめです。


急速充電スタンドはついていませんが、一日一回の水ぶきで良ければ、充電に4時間かかっても問題ないはず。

クロスも床用洗剤も、必要であれば後から別売品を購入できますし、市販品も利用できます。

371jが一番コストパフォーマンスが良いと思います。

一日でしっかりと何度も掃除したい方

休日などに集中的に家中(20畳以上)の掃除をしたい方や、1日に2回以上掃除したい方には、2時間充電タイプがおすすめ。

2時間の急速充電スタンド付きは、380jか390jです。

この2機種なら、380jの方がコストパフォーマンスが良いと思います。

390jと380jの違いはクロスの数と床用洗剤ですが、実勢価格の差は6000円ほどなので(2021年1月時点)、クロスと洗剤を別に買っても380jの方がお得です。

公式ストアでは380jは既に販売終了となってしまいましたが、マーケットではまだ売られています。

売り切れ次第終了なので、興味のある方はお早めにどうぞ。

 

スポンサーリンク

ブラーバ380jと390jと371jの比較まとめ

ブラーバ300シリーズの380jと390jと371jの違いは、付属品の違いです。

中でも、急速充電スタンドの有無は、2時間充電か4時間充電かの差になります。

一日に一部屋掃除すれば良い方には、コストパフォーマンスの良い371jがおすすめです。

一日で集中的に何度も掃除をしたい方には、急速充電スタンド付きで、価格の安い380jがおすすめです。

クロスと洗剤は、後から買うこともできるし、市販品で代用もできるので、購入を検討する際にはあまり関係ないと思います。