ブラーバ380jの洗剤の代用品は?市販品を布に吹き付けるのが楽!

暮らし

ブラーバの発売当初から愛用している380j。

ブラーバ380jには、洗剤は使えないものだとばかり思っていました。

その後、水をシュッシュと吹き付けながらお掃除するブラーバジェットの発売とともに、ブラーバ専用洗剤が売り出されるようになりました。

「新しいモデルはいいな~」と思ったので調べてみると、どうやら、初代モデルの380jでも、この洗剤が使えるらしいことがわかってきました。

この記事では、

1.ブラーバ380jにそもそも洗剤が使えるのか?

2.ブラーバ専用洗剤って、どんなの?

3.市販の洗剤のおすすめ

についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ブラーバ380jに洗剤を使っていいの?

380jの取扱説明書には、「水以外は入れないでください」と書いてありますよね。

だから、私はずっと水ぶきだけで使っていました。

ブラーバジェットが発売になった時には、「洗剤が使えるんだ!いいな~」と思いました。

でも、そのブラーバ専用洗剤というものをチェックしてみたら、なんと、ブラーバ380jでも使えると書いてあるではありませんか!!!

https://store.irobot-jp.com/category/BRAAVA_OTHER/より引用

うーーん、取り扱い説明書と矛盾を感じるところです。。

が、380jだけでなく、371jと390jも、300シリーズ全てでブラーバ専用洗剤が使えるそうです。

私は、まったく知りませんでした!!

このブラーバ専用洗剤は、界面活性剤2%で希釈して使います。

専用洗剤は香りが良いと評判ですし、希釈タイプなので長持ちしそうです。

でも、日常品である洗剤が一本968円とは高い。

なので、日常価格で使える市販品を探してみました。

スポンサーリンク

ブラーバ洗剤の代用品のおすすめ

代用品のおすすめは、二つあります。

界面活性剤入りと、界面活性剤なしのものです。

2度拭きはしたくないので、両方とも2度拭き不要のものです。

更に言えば、ブラーバ380jを使用して思うのは、ウェットクリーニングパッドに洗剤を入れるのは面倒臭い!

と言うのも、ブラーバ300シリーズは、水をジェット噴射させる訳ではないので、そもそも水をあまり使わないからです。

一回ウェットクリーニングパッド(タンク)に水を入れると、一回の掃除では、この水は使い切れません。

水も腐るので、私は残った水は捨てて、毎回水を入れ替えて使っています。

そうすると、せっかく水に洗剤を混ぜても、使い残しの洗剤水は捨てることになってしまいます。

もったいないし、効率が悪いですね。

そこで私は、ウェットクリーニングクロスに直接、市販の洗剤を吹き付けて使っています。

かなり適当ではありますが、ブラーバ300シリーズはジェット噴射タイプでないのでこれで良しとしています。

かんたんマイペット(界面活性剤入り)

こちらは界面活性剤入りです。

なんと言っても、どこのドラッグストアでも売っているという手軽さが押し。

「かんたんマイペット」は界面活性剤0.2%なので、希釈しないでそのまま使えます。

スプレータイプなので、そのままクロスに吹きかけるだけ。


水の激落ちくん(界面活性剤なし)

こちらは、界面活性剤を含まない洗剤です。

界面活性剤が苦手な方にはおすすめ。

床掃除以外にも、キッチンなどにも幅広く使えるので便利です。

でも、「水」と書いてあっても洗剤であることには変わらないので、手肌を荒らさないよう取り扱いには注意しましょう。

私は一本でいろんな所に使えるので、こちらを使っています。

スポンサーリンク

ブラーバ洗剤の代用品まとめ

ブラーバ洗剤の代用品には、かんたんマイペット、水の激落ちくん(アルカリ電解水)がおすすめです。

身近なドラッグストアにも売っているので、気軽に買えるのもいいところです。