コンビニのレジ袋の有料化はいつから?価格はいくらになるか調査!

生活情報
スポンサーリンク

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの大手コンビニ3社は、2020年3月現在、まだ有料化は実施していません。

一体いつからコンビニのレジ袋の有料化が義務化されるのでしょうか?

ちょっと立ち寄ることが多いコンビニ。レジ袋の有料化はいつからなのか、また、価格はいくらくらいになるのかについて、調べてみました。

スポンサーリンク

コンビニのレジ袋は有料化するの?

はい。コンビニのレジ袋も有料化します。

今回のレジ袋有料化は、「包装容器リサイクル法」という法律の省令で定められますが、対象となるのはコンビニも含めて日本にある全てのお店です。

コンビニだけでなく薬局、100均、外食のテイクアウト、デパート、ブティック、魚屋・肉屋・八百屋など、個人商店も含めて全てのお店が対象になります。

スポンサーリンク

コンビニのレジ袋が有料化するのはいつから?

2020年7月1日からレジ袋の有料化が義務となります。

ファミリーマート、セブンイレブン、ローソンのコンビニ大手3社は、レジ袋をバイオマス素材30%のものに切り替えた上で、2020年7月1日からレジ袋を有料化します。

具体的な値段はまだ検討中で、発表されていません。

スポンサーリンク

7月以前にレジ袋を有料化する店も多数

7月以前にレジ袋の有料化を実施するお店は、コンビニでもそれ以外の小売店でも多数あります。

ユニクロとG.U.は4月1日から紙袋10円

イオンは4月1日から全面有料化 2-5円 紙袋は10円

無印は2020年3月以降6月までに

  • 一度使っただけで廃棄されることの多いプラスチック製ショッピングバッグを廃止
  • 紙製ショッピングバッグのサイズを拡大(2サイズ→4サイズ)し、無料配布を継続
  • 大きなサイズの商品やまとめ買いに便利な、「再生ポリプロピレンバッグ」(3サイズ)消費税込み150円で販売、不要となった場合は無印良品全店で返品可能

 

ミスタードーナッツは4月1日から3円

ココカラファインは4月1日から3-10円

駅弁屋は4月1日から5-25円

ウェルシアは4月から2-5円

高島屋の食品売り場は4月1日から2-20円

スポンサーリンク

コンビニのレジ袋はいくら?

1円以上で、お店が自由に決めてよいことになっています。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのコンビニ大手3社は値段を検討中とのことで、まだ発表されていません。

あくまで推測ですが、上述の他業界の例や、次のコンビニ・スーパーの事例から見て、私は2-5円になるのではないかと推察しています。

参考として、既に有料化しているコンビニや、スーパーの値段を調べてみました。

ミニストップのレジ袋価格

ミニストップでは、2019年6月から実験的に一部の店舗でレジ袋を有料化しています。

ミニストップはレジ袋を3円にしています。

イオン・西友・イトーヨーカドーのレジ袋価格

スーパーで既にレジ袋を有料にしている会社の価格です。

イオン 大5円 小3円

西友  Lサイズ3円 Mサイズ2円

イトーヨーカドー 一律2円

ミニストップはイオン系列のコンビニなので、イオンの小サイズのレジ袋価格3円と同じになっているようです。

スポンサーリンク

紙袋は無料なの?

「それじゃ、紙袋は無料なの?」という疑問があると思いますが、紙袋は有料化の義務の対象外です。

他にも次の種類の袋は、有料化の義務の対象外となっています。

紙袋 バイオマス袋(植物由来の原料を配合したバイオマスプラスチックの配合率が25%以上の袋)

海洋生分解性プラスチック袋(微生物などの働きで分解されるもの)

厚さ0.05ミリ以上のプラスチック袋(繰り返し利用できるもの)

これらの紙袋・バイオマス袋・海洋生分解性プラスチック袋をお店が無料で配布しても法律違反ではありません。

でも、こうした袋はコストもかかるので、無料で配布するとは限りません。

大手コンビニ3社は、レジ袋をバイオマス素材30%のものに変えた上で有料化することを発表しています。

スポンサーリンク

私たちはプラスチックを食べている?!

レジ袋有料化については、賛成の声が大きい一方で、反対の声もあります。

なぜレジ袋の有料化に踏み切るかの背景には、深刻なプラスチックごみの問題があります。

というのは、クジラや魚たちがプラスチックごみを食べているというだけでなく、さまざまな侵入経路からすでに人間の体内にもマイクロプラスチックが発見されたという研究結果が出たからです。

2018年10月に、オーストラリアで開催された胃腸病学会議で、胃腸病学者であるフィリップ・シュワブル氏から、日本人を含むボランティア被験者8人全員の糞便からマイクロプラスチック粒子が検出されたという衝撃的な調査結果が発表されました。↓

レジ袋など私たちの生活の中で使われたプラスチックごみが海に流れ込むことによって、海がマイクロプラスチックのスープのようになっているのです。

特に日本近海は、マイクロプラスチックのホットスポットと言われています。

魚介類や塩や水などを通して、人間がマイクロプラスチックを摂取しているのではないかと推察されていますが、人体に対する有害性を評価するには、まだデータ不足で時期尚早とのことです。

でも、科学的調査の結果を待たずとも、どっちにしろマイクロプラスチックは食べたくないというのが正直なところです。

レジ袋の有料化で、どれほど環境問題に対するインパクトがあるのか?という疑問の声もあります。

レジ袋を有料化することで、私たちの行動習慣を変われば、プラスチックの使い捨て文化を変えていく大きな一歩になるでしょう。

マイバッグを持ち歩くのは習慣の問題です。マイバッグを持ち歩くことを習慣にしていきましょう。

スポンサーリンク

コンビニのレジ袋有料化はいつから?まとめ

セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートは、2020年7月1日からレジ袋をバイオマス30%のものに切り替え、有料化することを発表しています。

値段は現在検討中で発表されていません。

他業界の先行事例からみて、2-5円くらいになるのではないかと推察しています。

7月に先立って、4月から有料化に踏み切るお店も多数あります。

プラスチックごみの問題は深刻化しており、私たちの人体にも直接的な悪影響を与えかねない状況にまできています。

プラスチックごみの削減のために、マイバッグを持ち歩くことを習慣づけましょう。

 

コメント