コンビニのレジ袋の有料化はいつから?価格はいくらになるか調査!

生活情報
スポンサーリンク

スーパーではレジ袋が有料化されていたり、レジ袋辞退で割引になるところもありますが、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどの大手コンビニは、2020年2月現在、まだ有料化していません。

一体いつからコンビニのレジ袋の有料化が義務化されるのでしょうか?

ちょっと立ち寄ることが多いコンビニのレジ袋の有料化はいつからなのか、また、価格はいくらくらいになるのかについて、調べてみました。

スポンサーリンク

コンビニのレジ袋は有料化するの?

はい。コンビニのレジ袋も有料化します。

今回のレジ袋有料化は、「包装容器リサイクル法」という法律の省令で定められますが、対象となるのは日本にある全てのお店です。

コンビニだけでなく薬局、デパート、ブティック、魚屋、肉屋、八百屋、パン屋、本屋、食べ物屋などなど、小さな個人商店も含めて全てのお店が対象になります。

スポンサーリンク

コンビニのレジ袋が有料化するのはいつから?

2020年7月1日からレジ袋の有料化が義務となります。

この7月1日というタイミングは、東京オリンピックの前にはレジ袋の有料化を実現して、日本のプラスチックごみ削減への取り組みを外国人観戦客にアピールしたいという意向ですね。

高島屋のは、7月に先立って4月1日から食品売り場のレジ袋を有料化することを発表しています。

レジ袋の有料化が義務化される7月1日以前に有料化に踏み切るお店もでてきそうです。

スポンサーリンク

コンビニのレジ袋はいくらくらいになるの?

1円以上で、お店が自由に決めてよいことになっています。

実際にいくらになるかは、各コンビニチェーンの判断になります。参考になるコンビニやスーパーでの先行事例を調べてみました。

コンビニの先行事例の価格

ミニストップでは、2019年6月から実験的に一部の店舗でレジ袋を有料化しています。

ミニストップはレジ袋を3円にしています。

スーパーの先行事例の価格

スーパーで既にレジ袋を有料にしている会社の価格です。

イオン 大5円 小3円

西友  Lサイズ3円 Mサイズ2円

イトーヨーカドー 一律2円

ミニストップはイオン系列のコンビニなので、イオンの小サイズのレジ袋価格3円と同じになっているようです。

スポンサーリンク

紙袋は無料なの?

「それじゃ、紙袋は無料なの?」という疑問があると思いますが、紙袋は有料化の義務の対象外です。

他にも次の種類の袋は、有料化の義務の対象外となっています。

紙袋 バイオマス袋(植物由来の原料を配合したバイオマスプラスチックの配合率が25%以上の袋)

海洋生分解性プラスチック袋(微生物などの働きで分解されるもの)

厚さ0.05ミリ以上のプラスチック袋(繰り返し利用できるもの)

これらの紙袋・バイオマス袋・海洋生分解性プラスチック袋をお店が無料で配布しても法律違反ではありません。

でも、こうした袋はコストが高いので、お店が無料で配布するとは限りません。

高島屋の食品売り場の紙袋は2020年4月1日から20円になるそうです。

もしもコンビニでの買い物に20円の袋代がかかったら、ちょっと考えてしまいますね。

スポンサーリンク

プラスチックは食べたくない

マイバッグを持ち歩くのは習慣の問題ですね。

マイバッグそのものは何でも良いと思います。一番簡単なのは、既に家にある袋を何度も活用することです。

面倒くさいと感じるかもしれませんが、プラスチックごみの問題は本当に深刻な状況になっています。

というのは、クジラや魚たちがプラスチックごみを食べているというだけでなく、さまざまな侵入経路からすでに人間の体内にもマイクロプラスチックが発見されたという研究結果が出たからです。

2018年10月に、日本人含むボランティア被験者8人全員の糞便からマイクロプラスチック粒子が検出されたという調査結果が、オーストラリアで開催された胃腸病学会議で、胃腸病学者であるフィリップ・シュワブル氏より発表されました。↓

人体に対する有害性を評価するには、まだデータ不足で時期尚早とのことですが、科学的調査の結果を待たずとも、マイクロプラスチックは食べたくないというのが正直なところです。

レジ袋の有料化で、どれほど環境問題に対するインパクトがあるのか?という疑問の声もありますが、レジ袋を有料化することで、私たちの行動習慣を変えて、プラスチックの使い捨て文化を変えていく大きな一歩にはなるでしょう。

マイバッグを持ち歩くことを習慣にしていきたいです。

スポンサーリンク

まとめ

コンビニのレジ袋も2020年7月1日から有料化されます。7月に先立って有料化に踏み切るお店もでてきそうです。

実際にいくらになるかは各コンビニが判断することになりますが、1円以上が義務付けられます。ミニストップでは実験的に既にレジ袋を3円にしています。

紙袋・バイオマス袋・海洋生分解性プラスチック袋は無料で配っても法律違反ではありませんが、コストがかかるので、コンビニがこれらの袋を無料で配るかはわかりません。

プラスチックごみの削減のために、マイバッグを持ち歩くことを習慣づけたいですね。

 

コメント