仙台の国分町にある高級寿司屋さんならココ!「与五郎寿司本店」!

エコバッグ
引用:http://www.sendaitown.co.jp/yogorou/index.html
スポンサーリンク

宮城県仙台市の国分町で高級なお寿司屋さんをお探しなら、仙台の老舗「与五郎寿司本店」がおすすめです。

スポンサーリンク

店舗情報

 

この投稿をInstagramで見る

 

上杉 池田酒店(@ikesake)がシェアした投稿

与五郎寿司 本店HP

宮城県仙台市青葉区国分町2-15-20

022-215-4224

スポンサーリンク

大正10年創業の老舗お寿司屋さん

 

この投稿をInstagramで見る

 

国道メシ(@usami_koyu)がシェアした投稿

定禅寺通りから稲荷小路をほんの少し入ったところにあります。

南北線の匂当台公園駅から徒歩5分ほどの便利な場所です。

端正な店構えのこじんまりとしたお店で、店内に入ると寿司飯の良い匂い。

広くはないけれど、店の隅々まで心配りされている様子が伺えます。

大正10年(1921年)創業の老舗。

魚介類が新鮮で美味しい東北の玄関口仙台には、数々のお寿司屋さんがありますが、与五郎寿司と言えば、古くから親しまれている老舗の名店。

メニューは、奇をてらったようなメニューではなく王道な感じです。

サービスセットは料理3品、寿司5貫、お好きな飲み物一杯がついて3150円です。

王道の美味しさです。

スポンサーリンク

酒呑みは「ばくらい」を食べてみて!

 

この投稿をInstagramで見る

 

トビ職人(@tobi_cb400f)がシェアした投稿

私がこの店で生まれて初めて食べて美味しい!と思ったのが、「ばくらい」(莫久来)です。

「ばくらい」はホヤとこのわた(ナマコの内臓)を塩辛にして作られています。

特にホヤの風味が効いていて、とても複雑な味わいです。

イカの塩辛などの珍味がお好きな方には、直球ストライクな味だと思います。

是非、一度味わってみてください。

メニューになかったら、女将さんに聞いてみてください。

ちなみに、「ばくらい」は仙台の他の寿司屋さんでも食べられます。

仙台土産にも超おすすめなので、仙台駅のお土産物売り場で「ばくらい」を探してみてくださいね。

スポンサーリンク

仙台づけ丼

 

この投稿をInstagramで見る

 

shiori_.°○(@muchi.kuma)がシェアした投稿

もう一つのご当地メニューは、「仙台づけ丼」です。

漬けと言えば、マグロの赤身を思い浮かべますが、仙台の漬け丼は白身の漬け。

仙台湾付近に豊富なヒラメ、カレイ、スズキなどの白身魚を漬けています。

他にもマグロやイクラなども乗った見た目も華やかな丼です。

お米はもちろん宮城産米。

仙台づけ丼は、宮城県の100店以上のお寿司屋さんで提供される人気メニュー。

冬には、炙り牡蠣がのっかったスペシャルバージョンもあります。

ハーフサイズもあるそうなので、締めに食べるのもアリ。

仙台の色んなお寿司屋さんで、仙台づけ丼を食べ比べしてみるのも楽しいですね。

スポンサーリンク

お昼は与五郎弁当が人気

ランチどきは1100円の与五郎弁当が人気です。

ミニちらし丼がついたプチ懐石料理のようなお弁当です。

エコバッグ
スポンサーリンク
チカをフォローする
チカのセカンドライフ

コメント