シンプルヒューマンゴミ箱(レクタンギュラーステップダストボックス45L)口コミ

暮らし

シンプルヒューマンのゴミ箱(レクタンギュラーステップダストボックス45L、ホワイトスチール)を、キッチン用のゴミ箱として愛用しています。

これまでいくつかのキッチン用ゴミ箱を使ってきましたが、すべてに満足できるゴミ箱はなかったです。

今は大満足して、毎日シンプルヒューマンのゴミ箱にお世話になっていますが、買う時は、「え、こんなに高いの?」と驚いたのも事実。

シンプルヒューマンのゴミ箱は、ゴミ箱の値段の相場をはるかに超えています。

興味はあるけど、「実際のところ、どうなの?」「お値段相応の価値はあるの?」と思っている方は多いと思います。

このブログ記事では、シンプルヒューマンのゴミ箱(レクタンギュラーステップダストボックス45L、ホワイトスチール)を使い始めて6カ月の私が、使い勝手、ゴミの臭い、このゴミ箱を選んだ理由、実際に使ってみての感想を口コミレビューします。

購入を検討している方のご参考にしていただければ嬉しいです。

ゴミ箱ストレスからの解放

シンプルヒューマンのゴミ箱を使いだして初めて、「ゴミ箱は毎日のちょっとしたストレスのもとになっていたんだ」ということに気が付きました。

今は、毎朝キッチンに向かい、シンプルヒューマンのゴミ箱を目にするたびに、ちょっと気分が上がります。

私は白を選んだのですが、「見るからにゴミ箱」という生活感が全然しないのが気に入っています。

そして、ゴミ捨ての動作がなにしろ軽快!

快適なので、毎回ゴミを捨てるのがちょっと楽しくなりました(*^-^*)

45Lはやっぱり頼もしい!

うちは4人家族ですが、4日間分のキッチンゴミは余裕ではいって、まだ余っているほど。

ゴミ捨てのときには、もったいないから他の部屋のゴミも集めてきて、一緒に捨てています。

パンパンになってきたゴミ箱を見るのって、地味~にストレスですよね。

でも、ゴミ箱をのぞくたびに「まだまだ入る(^^)」って思うのは、地味~に嬉しいです。

年末年始のゴミ収集お休みのときのことを考えると、安心感があります。

45Lサイズのゴミ箱って、どれも存在感があって、いかにも「ザ・ゴミ箱」なので、なかなかスタイリッシュなゴミ箱を探すのは難しい。

そんな中で、45Lでも見た目がスッキリしているシンプルヒューマンのゴミ箱には本当に満足です。

ゴミ袋のセットが簡単なのが一番嬉しいポイントです。

ゴミ箱の中にゴミ袋の収納スペースがあるので、ゴミ袋を取りにいかなくてOK。

その場で、ゴミ袋のセットが完了です。

本当に、ゴミ捨ての全ての動作を究極まで快適にしたゴミ箱だと思います。

こういうゴミ箱がせめて10年前にあったら良かったのに...とシミジミ思いました。

キッチンのゴミ箱にずっと感じていた不満

うちのマンションのキッチンには、ゴミ箱を置くスペースがありません。

シンク下の引き出しスペースにゴミ箱を置くことはできますが、引き出しを開けて、ゴミを捨てるというのは面倒なので却下。

そこで最初は、冷蔵庫の脇の20cmほどの細長いスペースに収まる、縦長のゴミ箱を使っていました。

そのゴミ箱は、開口部がスウィング式になっていました。

こういうタイプです↓

これが大失敗!

ゴミ箱が密封されていないので、ゴミの臭いが気になってしまったのです。

だから、マメにゴミ捨てにいかないといけないし、夏場は大変。なので、あえなく断念。

そこで、キッチン内にゴミ箱を置くことはあきらめて、キッチンの脇(リビングから見えるところ)にゴミ箱を置くことにしました。

そこで選んだのが、普通のペダル式で蓋つきのステンレスのゴミ箱です。

こういうタイプ↓

こちらは密閉できるので、臭いが気になることはなく、その点は良かったです。

でも、キッチン内ではなく、リビングからも見える場所に置いたために、見た目がビミョーに気になりました。

それから問題だったのが、フタを開閉するたびに、フタの蝶番の部分が背面の壁にあたって、壁紙がこすれてくること。

気になったので、ゴミ箱を壁からやや離して置くようにしていたのですが、それもちょっとしたストレスでした。

今まで理想のゴミ箱に出会えなかった理由は、

1.ゴミの臭いを密封できるゴミ箱という最低条件をクリアできていなかった。
2.リビングから見えるところに置くのに、見た目に満足できるゴミ箱がなかった。
3.使い勝手の良さに完全に満足できるゴミ箱がなかった。

ということだと思います。

そもそもの問題として、ゴミ捨てがどれほどの家事負担になっているのかがよくわかっていれば、こんなに長くゴミ箱ストレスを引きづることはなかったでしょう。

シンプルヒューマンはゴミ箱としては高価格ですが、結果としては安い買い物だったと思います。

シンプルヒューマンのゴミ箱の使い勝手

では、シンプルヒューマンのレクタンギュラーステップダストボックス(スチール白)を実際に使ってみて、使い勝手がどうなのか、具体的にご紹介していきます。

ゴミ袋のセットが楽で、ゴミ袋の端が見えない

ゴミ袋の端がゴミ箱から見えているのって、すごく生活感がでてしまいますよね。

どんなにおしゃれなデザインのゴミ箱も、それだけで台無し。

シンプルヒューマンのゴミ箱は、ゴミ袋の端を隠して、簡単にゴミ袋をセットできるのが気に入っています。

今まで私が使っていたゴミ箱は、外のボックスと内側のボックスとの2重構造になっていました。

内側のボックスにゴミ袋をセットしてから、外のボックスに入れて、ゴミ袋の端を見えないように調整するのが面倒でした。

でも、シンプルヒューマンのゴミ箱は、本体だけの一重構造。

どうやってゴミ袋を固定しているのかと言うと、フタの部分が、フタとリムが2重構造になっているのです。

このリムの部分がゴミ袋を固定し、ゴミ袋の端を目隠ししています。

なので、ゴミ袋をセットするのが本当に簡単!

ほんのちょっとのことですけど、ゴミ袋のセットは一生続くことなので、ストレス削減効果は、長い目で見れば凄く大きい。

しかも、ゴミ箱の中に、ゴミ袋の収納ポケットがついているというオマケ付きです。

市販の45Lゴミ袋が使える

普通の市販の45Lサイズのゴミ袋も問題なく使えます。

最初に購入するときには、シンプルヒューマンのゴミ箱専用の袋20枚ついてきます。

紐でしばれる巾着袋式になっていて、ゴミを目一杯いれても、しっかり結んでゴミ出しができるので、なかなかの優れものです。

でも、専用ゴミ袋は高いので、それを使い続けるかどうかはビミョーです。

でも、市販の45Lサイズのゴミ袋でも問題はありません。

もちろんゴミ袋の端も、しっかり目隠しできます。

ただ、市販のゴミ袋だと、ゴミ箱の収納ポケットに入れるときに少し折りたたむ必要があります。

普通の市販のゴミ袋以外にも、コストコで売っているこういう紐付きゴミ袋を使うのもアリです↓

 

フタが閉まるのがおだやかで快適

ペダル式のゴミ箱って、閉まる時に「パタン!」と閉まるのって、気になりますよね。

細かいチリを捨てたときなどは、チリが舞い散らかってしまいます。

シンプルヒューマンのゴミ箱は、エアーダンパーにより、フタがゆっくり閉まるので、この不快感がありません。

また、以前使っていたゴミ箱で気になっていたのが、フタの後ろの蝶番の部分。

開閉のたびに、ここが壁にこすれるのが気になっていました。

シンプルヒューマンのゴミ箱は、フタの後ろの蝶番の部分がほとんど動かないので、壁にこすれないので安心です。

いろいろと細部まで良く考えて作られているゴミ箱だなーと感心します。

シンプルヒューマンのゴミ箱の残念な点

これはやっぱりお値段ですね。

同等の品質のゴミ箱をもう少し安く出しているメーカーがあれば良いのになー、と思います。

でも今のところはシンプルヒューマンしかないので、このゴミ箱を購入しました。

ゴミ捨ては一生ついて回る毎日のことなので、このゴミ箱でゴミにまつわる全てのストレスを解消できたのでありがたいと思っています。

気になる生ゴミの臭いについて

フタが密封できるので「臭いが気にならない」と書きましたが、生ゴミの臭いについてもう少し詳しく説明します。

シンプルヒューマンのゴミ箱は、フタが閉まっているかぎり、臭いが外にもれることはありません。

でも、フタを開けた時には、当然ながら臭いはもれます。

なので、生ゴミだけは、ちょっとひと手間かけて処理しています。

料理中の生ゴミは水気をきって、こちらのゴミ箱に分けて捨てて、袋をよくしばった上で、シンプルヒューマンのゴミ箱に捨てています。

冬場はこれだけで、まず大丈夫です。

でも、夏場はさらに用心して、生ゴミ用にこの消臭ゴミ袋を使っています↓

シンプルヒューマンのゴミ箱とこの生ゴミ用の消臭袋で、生ゴミの臭い対策は万全です。

ゴミ捨てが一週間に一度になっても、このコンビであればまず大丈夫だと思います。

レクタンギュラーステップダストボックス白スチールを選んだ理由

シンプルヒューマンのゴミ箱にはいろいろな種類がありますが、私は、レクタンギュラーステップダストボックス45Lのホワイトスチールを選びました。

前に使っていたゴミ箱がステンレスの30Lサイズだったので、今度は、白の大きいサイズということは決まっていました。

シンプルヒューマンにはセンサー式のゴミ箱もあるのですが、やっぱり、故障の心配がないことを第一優先に考えたので、シンプルなペダル式を選びました。

このペダルは15万回の使用に耐えたという実験結果もあるそうなので、普通に使っている限りは故障の心配はないのではないかと思っています。

最近は、いちいち説明書を熟読して使わないといけない高性能な家電製品が増えてきているので、このシンプルさは心の安らぎです。

でも、最後まで迷ったのは、プラスチック製にするか、スチール製にするかです。

白の45Lでペダル式は、プラスチック製とスチール製があります。

色とデザインはどちらも良いのでとても迷ったのですが、私はスチール素材の質感が好きなので、質感が決め手になって、スチール製を選びました。

シンプルヒューマンのゴミ箱の利用者の口コミ

その気持ち、わかる!

どうしても何日かは家の中に置いておかなきゃいけないゴミだから、臭い対策は最重要です。

サイズはしっかり確認しましょう。

まとめ

シンプルヒューマンのゴミ箱(レクタンギュラーステップダストボックス45L、ホワイトスチール)のまとめです。

1.リビングの目につく場所に置いても気にならないインテリア家具のような美しさ。

2.一週間でももつ45Lサイズの大容量が頼もしい。

3.フタを閉めている限り、ゴミの臭いはもれない。

4.ゴミ袋の端が見えないので、生活感がでない。

5.ゴミ袋のセットがとにかく簡単でストレスフリー。

6.フタの開閉がおだやかで、後ろの蝶番が壁を傷つける心配がない。

7.市販のゴミ袋も使える。

8.ゴミ箱の中に、ゴミ袋収納ポケットがついている。

9.夏場の生ゴミの臭い対策には、生ゴミ用の消臭袋も使えば万全。

10.ペダル式は故障の心配が少なく、電池替えの手間もない。

最後に感想

今までそこまで意識していたわけではないのですが、シンプルヒューマンのゴミ箱を使うようになって初めて、ゴミ箱が地味~~にストレスになっていたんだな、と実感しました。

生活している様々なストレスがあり、中にはなかなか避けられないストレスもあります。

でも、ゴミ箱のストレスは、シンプルヒューマンのゴミ箱の登場で、アッケないほど簡単に解消できました。

このくらい主婦(主夫)のことを考えて細部まで丁寧に作られたゴミ箱が、日本のメーカーから出ていないのはちょっと残念です。

外で仕事して収入を得ることに比べて、家事は一段も二段も低く見られているからだと思います。

でも、やったことのある人ならわかると思うのですが、料理、洗濯、掃除...毎日の家事って、本当に大変ですよね。

家の外のお仕事と比べて、簡単なんてことは決してありません。

だからこそ、家事の省力化とストレス軽減は、確実にリターンがあります。

このゴミ箱は、確実に毎日の暮らしをず~~っと底上げしてくれます(*^-^*)

そうは言っても結構なお値段なので、少しでもお得に買うためには、普段からポイントを集めている送料無料の通販で買うのが一番おすすめです。

洋服やコスメを衝動買いして、そのままお蔵入りなんてことは結構ありますが(^^;)、ゴミ箱を衝動買いって聞いたことがないですよね。

でも、ふだんは目の届かないところに、意外な優れモノっているんですよねー

シンプルヒューマンのゴミ箱は、地味に私の暮らしを支えてくれる、愛して止まない頼れる相棒です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暮らし
管理人をフォローする
Joy of Living