痛くないイヤリング!50代におすすめの大ぶりないやりn

暮らし

ピアスの穴が開けていないノンホール女子にとって、耳元のお洒落にはイヤリングが必須。

でも、痛いイヤリングだと長時間つけていられないことが多いのも事実。

痛いイヤリングと痛くないイヤリングの違いって、どこになるかご存知ですか?

ピアス穴も開けておらず、「痛くなるから」と長い間イヤリングを敬遠してきた私ですが、痛くないイヤリングを選ぶポイントを知ってからは、イヤリングを楽しめるようになりました。

この痛くないイヤリングだと、大ぶりのイヤリングでもしっかり留められて痛くないので、ピアスホールが空いている人にもおすすめです。

耳元を飾ると顔周りがパッと明るくなって、それだけでお洒落度がグンと上がります。

ピアス穴が開けられないからと言って、耳元のお洒落を諦めてしまうのは勿体ない!

痛いイヤリングの対策の仕方を知って、ノンホール女子も耳元のお洒落を楽しみましょう。

スポンサーリンク

イヤリングはなぜ痛い?原因はこんな留め具!

まずは、イヤリングに使われている留め具の種類とその特徴をご紹介します。

蝶バネ式クリップ(✖)

市販のイヤリングの多くはこの蝶バネ式クリップです。このタイプは避けた方が無難です。

何が問題かと言うと、クリップが固定される角度が一か所しかないという点です。

これがクリップを開いた状態↓

こちらがクリップを閉じた状態↓

耳たぶの厚みがこれより厚かったら痛くて大変ですし、これより薄かったらゆるくて落としてしまいます。自分で調整することはできません。

このバネ式クリップのイヤリングは、「ちょうどこれでジャストフィットだわ」という人以外は避けた方が良いでしょう。

ネジ式留め具(△)

このタイプは自分でしめ具合が調整できます。

難点は、ネジの先の一点だけで重みを支えているということです。

この写真のような小さいイヤリングなら良いのですが、大ぶりの重みのあるイヤリングだと重みが一点に集中して痛くなってしまいます。

大ぶりのイヤリングにはおすすめできません。

ネジ+バネ式クリップ(△)

このタイプは、バネ式クリップとネジ式留め具の混合型です。

留め具が大きく開くので、ネジ式に比べて装着がしやすいのが特徴です↓

留め具を閉じた後に、更にネジで微調整できます。

短所は、ネジ式と同じく、大ぶりのイヤリングだと一点に重みが集中してしまい痛くなりやすいという点です。

スポンサーリンク

痛くないイヤリングは落ちてしまうモノが多い

ノンホールピアスと呼ばれる留め具がそもそもないイヤリングもいろいろあります。

でも、落ちてなくしてしまう危険性があるので、あまり高価なイヤリングは買う気がしません。

スポンサーリンク

角度調整ができるクリップで痛くない(◎)

従来の留め具の難点が画期的に改善されたのが角度調整できるタイプのクリップです。

これは、クリップがどんな角度にでも自分の好きな角度に固定できるというものです。

つまり、こんな角度でも↓

こんな角度でも↓

こーんな角度でも↓

自分の好みに微調整できて、その角度でしっかり固定されてゆるみません。しかも、ネジではなく面でおさえているので、大ぶりのイヤリングでもOKです!

私はこのタイプのイヤリングを使い始めてから、本当に痛みがないので、イヤリングに対するイメージが変わりました。

本当に痛くないです!

難点は、市販のイヤリングでこのタイプの留め具が使われているものが少ないことです。

写真はアメリカのモネ(MONET)というブランドのイヤリングで、「痛くないイヤリング」として人気絶大だったのですが、残念ながら数年前に日本から撤退してしまいました(泣)。

スポンサーリンク

50代におすすめの痛くない大ぶりのイヤリング

モネのイヤリングが買えなくなってからは、しばらくイヤリング難民となっていた私ですが、日本製のこのイヤリングが救世主となりました!

信頼の日本製で、シリコンカバーもついて金属アレルギーの人にも安心です。

痛くなくて、まず落ちることはないので、長く使えます。

50代におすすめの大ぶりなイヤリングもあります。

大ぶりのイヤリングなのに、痛くないのは嬉しいですね。

私は今や、モネのイヤリングよりこちらの「エアフィットイヤリング」の方がお気に入りです。

スポンサーリンク

まとめ

痛いイヤリング対策のおすすめは、角度調整できるクリップを使うことです。

バネ式クリップやネジ式留め具、ネジ+バネ式クリップは、痛くなりやすいのでおすすめできません。

角度調整できるクリップがついた市販のイヤリングとしては、アメリカのブランドのモネ(MONET)が人気が、残念ながらもう日本で買うことはできません。

でも、角度調整できるクリップを使っていて、金属アレルギーの人にも安心なシリコンカバーのついたエアフィットイヤリングが市販されています。

痛くないエアフィットイヤリングはこちら

ピアスホールを開けていないと耳のお洒落をあきらめてしまいがちですが、痛くないクリップを選ぶというちょっとした対策で、イヤリングを楽しむことができます。

痛いイヤリング対策のあれこれをご紹介しました。

是非、耳元のお洒落を楽しんでください。