七五三の千歳飴の意味は?どこで買える?素敵な写真を撮るために。

子育て
スポンサーリンク

七五三の行事食である千歳飴。

「千歳飴には、どういう意味があるの?」

「千歳飴は、どこで手に入るの?」

はじめて七五三を迎える親御さんにとっては、改めて聞かれると首を傾げてしまうのではないでしょうか。

本記事を読めば、千歳飴について子供に聞かれたときに、すぐに答えられるようになりますよ。

また、七五三に欠かせない千歳飴の準備もばっちりです。

それでは行きましょう!

スポンサーリンク

七五三の千歳飴の意味

男児は三歳と五歳、女児は三歳と七歳になる年に、無事成長したことを祝い氏神様へお詣りする七五三。

千歳飴は、「長生きしてほしい」という願いが込められた縁起物です。

始まりは江戸時代初期と言われています。

発祥は、浅草から始まった説と、大阪の飴屋が浅草へ行って売り始めた説とあるようです。

紅白の長く細い飴を、松竹梅やツルカメなどの縁起物を描いた紙の手提げに入れた形式は、この頃に完成していました。

健やかな成長を祈願するのは、今も昔も変わらないようです。

スポンサーリンク

七五三の写真を前撮りするときの千歳飴はどうする?

七五三の写真といえば、千歳飴をもった写真が定番ですね。

はたして千歳飴は、誰が用意するものなのでしょうか?

親が千歳飴を用意しなくても、写真スタジオが用意していることが殆どです。

または、撮影備品として千歳飴袋を手渡してくれるところもあります。

私が先日撮影をお願いしたスタジオアリスでは、撮影時は備品の千歳飴を使用し、帰りに千歳飴をプレゼントしてくれました。

ですが、写真スタジオによっては、撮影当日に「千歳飴がない!」となると残念ですよね。

ですので、七五三の前撮り写真を予約するときに、千歳飴を用意してもらえるのか写真スタジオに確認するのがベストです。

予約の際に、千歳飴があるかどうか写真スタジオ側が伝えてくれると良いのですが、伝えてくれないケースもあると思います。

不安なことは、こちらから電話して確認してみると安心です。

スポンサーリンク

七五三にお詣りするときの千歳飴はどうする?

七五三は、所縁のある地域の神社へお参りし、氏神様に子供の成長を感謝するともに加護を祈るものです。

一般的には、七五三の御祈祷をしていただくと、神社から千歳飴をいただけることが多いです。

お納めするご祈祷料(5000円程度がい多い)の中に、千歳飴の代金も入っています。

一方、注意したいのが「七五三の御祈祷」はせずに、神社への「お詣り」のみで済ませる場合には千歳飴はいただけません。

お子さんに着物を着せて神社にお詣りに行く場合でも、ご祈祷はお願いしないケースもあると思います。

それでも、写真は撮ると思うので、千歳飴は欲しいところですよね。

神社では、一般参拝客用に千歳飴を売っていることは殆どないので、事前にスーパーやネット通販を利用して準備しておくと安心です。

スポンサーリンク

人気の七五三の千歳飴はどこで買える?

普通の千歳飴は、10月下旬から11月の時期になると、一般のスーパーでも売られています。

また、写真スタジオでの撮影や、神社で七五三のご祈祷の予定がある場合には、そこでいただけることが多いと思います。

でも、時期がずれていたり、千歳飴を売っているスーパーが近くにない場合には、ネット通販が便利です。

また、「普通の千歳飴ではなくて、こだわりのオシャレな千歳飴をお子さんに用意したい」という方もいると思います。

そこで、最近人気の素敵な千歳飴をご紹介します。

パパブブレの千歳飴

いろいろな飴で人気のパパブブレの千歳飴が人気です。

詳しくはこちら >> 世界一おもしろいお菓子屋さん パパブブレ 

FORNEの千歳飴(袋のみ)

モダンな柄の千歳飴袋が素敵です。

こちらは袋のみなので、スーパーで売っている千歳飴の飴を入れてもいいし、自分で好きな飴を入れてもいいですね。

詳しくはこちら >> FORNE

京の飴工房

こちらは、伝統的な友禅織りを使ったの千歳飴。

男の子用の紺色もあります。

詳しくはこちら >> 京の飴工房

スポンサーリンク

最後に/まとめ 

七五三の行事食である千歳飴は、親の「子供が健やかに成長して欲しい」という想いのもと、江戸時代から日本全国へ広まった縁起物でした。

私も子供に聞かれたら「〇〇ちゃんが元気で大きくなれるようにくれたんだよ」と言ってあげたいと思います。

 

スポンサーリンク
子育て
スポンサーリンク
管理人をフォローする
Joy of Living

コメント