卵を大量消費できる作り置き!冷蔵保存と冷凍保存の日持ちおかず!

グルメ・食生活

卵を大量消費できて、作っておくと、後から楽ができるおかずをまとめてみました。

卵以外の材料は必要のないレシピが殆どです。

卵がたくさん余ったときは、加熱してから冷凍しておくと、日持ちがするし、後から楽ができます。

冷蔵保存のものと、冷凍保存のものに分けましたが、冷凍保存のおかずは、もちろん冷蔵保存でも大丈夫です。

スポンサーリンク

【冷蔵保存】卵を大量消費できる作り置きおかず

煮卵と温泉卵(ゆで卵も)は、冷凍するとスポンジ状になってしまうので、冷蔵保存にしてください。

茹で卵をむくときは、流水につけて、そのまま水の中で殻に割れ目をつけること。

こうすると、殻の割れ目の中に水が入りこんで、綺麗にむけます。

私が試した中では、この方法が、一番簡単で確実です。

煮卵

ラーメン屋さんのみたいな煮卵をつくっておくと、お弁当にもおかずの一品にも、もちろんラーメンにも便利!

温泉卵

まとめて作って、冷蔵庫に入れておけば、2~3日は日持ちします。

温泉卵をつくる道具は、100均に売っているので、あると便利です。

通販でも買えます。

うちのは、これです。一度に4個まで温泉卵がつくれて、便利です。↓

ねぎ卵焼き

ねぎがあるときは、「ねぎ卵焼き」がおすすめ。

冷えても美味しいから作り置きにピッタリなんです。

冷凍もできますが、冷蔵で2~3日で食べきるのがおすすめです。

【材料】

卵    3個

長ねぎ  1本

塩    1つまみ(1g)

こしょう 少々

油    大1と1/2

【作り方】

1.長ねぎを薄く斜め切りにする。

2.卵をボウルで割りほぐし、塩とこしょうを入れる。

3.ボウルに長ねぎを入れる。

4.フライパンを強火で熱し、油を入れる。

5.油がサラサラしてきたら、火を中火に落とし、3.を流しいれる。

6.卵が固まってきたら、菜箸で十文字に4等分する。

7.4等分に分けた卵のそれぞれをひっくり返す。

8.火を一番弱くし、ゆっくりと焼く。

9.卵がしっかりしてきたら、再度ひっくり返す。

10.長ねぎに完全に火が通り、卵に焼き色がついたら、出来上がり。

スポンサーリンク

【冷凍庫保存】卵を大量消費できる作り置きおかず

卵を大量消費できて、冷凍保存できるおかずです。

薄焼き卵(錦糸卵)

冷やし中華や、ちらし寿司にのせたり、お弁当のごはんにのせると、見た目がパッと華やかになります。

水溶き片栗粉を少量くわえて焼くと、パサつかないのでおすすめです。

小分けして、ラップにつつんで冷凍できます。

容器や袋冷凍でもOK。

室温で戻します。

厚焼き卵

切ってから、冷凍保存しましょう。

室温で戻します。

お弁当や、おかずの一品に。

卵サラダ

ゆで卵でも、細かく刻んでマヨネーズであえた卵サラダの状態にしておけば、冷凍保存できます。

サンドイッチの具などに便利。

茶碗蒸しの卵液

とき卵に出汁と調味料を加えた卵液の状態で、保存容器(またはポリ袋)に入れて冷凍しておきます。

解凍後、具材を入れて蒸せば、茶わん蒸しの出来上がり。

スポンサーリンク

卵を大量消費できる作り置きおかずのレシピの注意点

生卵は、凍ると組織が変わるので冷凍にはむきません。

卵白だけなら、そのままでも冷凍できるので、解凍後、泡立ててお菓子やフライの衣に使えます。

丸ごとのゆで卵も、スポンジ状になってしまうので、冷凍には不向きです。

ひと手間かけて料理してから冷凍しておくと、あとあと重宝します。