ジンジャードレッシングのレシピ!日本人の知らないアメリカの日本食!

グルメ・食生活

アメリカの日本食レストランでは必ずといって良いほど出てくる、「ジンジャードレッシング」。

アメリカ人はみんな「ジンジャードレッシングは日本食」だと思っているけど、実は、日本では殆ど目にすることはありません。

お寿司のカリフォルニア・ロールみたいに、アメリカでは広く知られているけれど、日本では殆ど知られていないレシピの一つです。

でも、ジンジャードレッシングは、野菜のドレッシングで野菜を食べるという究極のビーガンレシピで、何より美味しい!

野菜不足が気になる方に、是非ためして欲しいレシピレシピです。

油も、えごま油・MCT油・こめ油など、健康に良いと言われているお好きな油で自由につくれます。

サラダのドレッシングとして使うだけでなく、肉・魚いろいろなお料理のドレッシングとしても使ってみてください。

スポンサーリンク

ジンジャードレッシングのレシピ

【出来上がり分量 1カップ弱】

たまねぎ      40g

生姜        15g

にんにく      1片

セロリ       15g

塩         小匙1

砂糖        大匙1

米酢        大匙2

水         大匙1

醤油        大匙2

レモン果汁     大匙1

油         50cc

トマトケチャップ  大匙1

黒胡椒       少々

スポンサーリンク

アメリカのジンジャードレッシングの簡単な作り方

ハンドブレンダー(バーミックスのようなもの)があれば、野菜を全て粗みじん切りにして、全ての材料を容器に入れて、ガーッとしてしまえば30秒でできます。


手動でつくる時には、野菜をすりおろした上で、調味料と混ぜて攪拌してください。もちろん、普通のミキサーでもできます。

 

スポンサーリンク

アメリカのジンジャードレッシングの由来

戦後、ロッキー青木がアメリカに渡って成功させた鉄板ステーキレストランが「BENIHANA」。

鉄板ステーキに添えられたサラダのドレッシングが「ジンジャードレッシング」でした。

ジンジャードレッシングは、鉄板焼きステーキと同じくらいの人気となり、そのレシピは、BENIHANAだけでなく、広くアメリカの日本食レストラン、アジア系レストランに広がりました。

スポンサーリンク

アメリカのジンジャードレッシングまとめ

アメリカ人が大好きで、みんな日本食だと思っているけど、日本ではなぜか知られていないジンジャードレッシングのレシピをご紹介しました。

レシピの通り、野菜でできているドレッシングです。

野菜でサラダを食べる究極のビーガンメニューです。

野菜だけでなく、何にかけても美味しいので是非作ってみてください。