スパイラル(ドラマ)の感想とネタバレ!4月15日放映分の第一話!

季節の話題
引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/spiral/
スポンサーリンク

スパイラルのドラマ化作品「スパイラル町工場の奇跡」が4月15日から始まりました。4月15日放送の第1話の感想とネタバレをご紹介いたします。

また、見逃してしまったという方には、見逃し回を無料視聴できる方法もお知らせいたします。

スポンサーリンク

スパイラル(ドラマ)感想:4月15日放映の第1話

昭和、いや平成な感じなドラマでした。町工場の感じは昭和時代から変わっていない描き方だなー

でも、ドラマ自体は原作が面白いこともあって、手堅い作りになっています。役者さんたちもベテラン揃いで、若手俳優も危なげない演技です。

外資系ファンドによる日本企業の乗っ取りというのは、今時なテーマではないのでしょうが、こういうテーマを勉強したい人にとっては見て損はないと思います。

新鮮味はないけれど、安定感のあるドラマで、次回も見たいと思わせます。

スポンサーリンク

スパイラル(ドラマ)ネタバレ:4月15日放映の第1話

企業再生家・芝野健夫(玉木宏)の元に恩人の天才発明家・藤村(平泉成)の訃報が届く。

下町の町工場マジテックの創業者の藤村亡き今、マジテックには3億円の借金が残されていることがわかり、藤村の娘・浅子(貫地谷しほり)は廃業を決心する。

しかし、葬式に訪れた芝野は、浅子、劣等感を持つ息子・望(戸塚純貴)、藤村の右腕だった桶本(國村隼)と再会し、マジテックを再生させることを決断する。芝野は勤め先の曙電気を退職し、マジテックの専務に就任。望も、父の残した工場を再生させようと営業主任として入社する。

その裏では、芝野を逆恨みし復讐を目論む村尾(眞島秀和)や外資系ファンドのナオミ・トミナガ(真矢ミキ)が、マジテックの債権を買い集め、マジテックを乗っ取ろうと動き出す。

スポンサーリンク

スパイラル(ドラマ)再放送は無料動画「ネットもテレ東」で!

「ネットもテレ東」は、テレビ東京の人気番組動画が放送後にパソコン、スマホ、タブレットで無料視聴できるサイトです。

スパイラルの4月15日放映第一話は、4月22日(月)22:53までの期間限定で無料配信をしています。会員登録などの特に面倒臭い手続きもなく、見ることができます。

でも、放映後1週間の期間限定配信なので、この期間内には見ましょう。スマホでも見られるので、ちょっとした隙間時間に見てしまいましょう!

スポンサーリンク

スパイラル(ドラマ)再放送は30日間無料の「パラビ」で!

1週間以内に見られなかった!という場合におすすめの無料視聴方法をご紹介します。

「ネットでテレ東」に比べると、アカウント作成や支払い情報の入力などの手間がありますが、30日間の無料体験期間を利用すれば、無料でスパイラルの見逃し分を見ることができます。

お休みの日などに無料体験を利用して、見逃し分をまとめて見ちゃうのがおすすめです。見終わったら、課金が始まる前に忘れずに解約しておきましょう。

「ネットもテレ東」に比べると会員登録の手間がかかりますが、配信期間が長いのはおすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

真山仁さん原作のハゲタカ外伝スパイラルのドラマ化作品「スパイラル町工場の奇跡」は、ハゲタカと下町ロケットをミックスしたような感じの出だしで始まりました。

NHKドラマ「ハゲタカ」のファンにとっても楽しみなドラマだと思います。

玉木宏さんの演技も安定感があり、それぞれの登場人物もキャラが出ていて、スパイラル第1話は十分に視聴者を惹きつける内容でした。今後、どんな展開になっていくか楽しみです。

コメント