いつ恋8話のあらすじ!音の生い立ちを父に隠す朝陽に、心が冷える音

テレビ・本・映画
スポンサーリンク

2016年1月からフジテレビで放送されていたドラマ、

「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(いつ恋)。

2021年6月に関東地方で再放送もされ、今もなお、多くの視聴者から愛されているドラマです。

「いつ恋」ファンの筆者が、8話のあらすじ、感想、ロケ地をご紹介していきます。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

>> FODプレミアムの初回2週間お試しでの無料視聴はこちらから

スポンサーリンク

いつ恋8話あらすじ

杉原音(有村架純)のアパートに、日向木穂子(高畑充希)が訪れ、2人で一緒に食事をしていた。

木穂子は、自分の恋愛観を食べながら、音に語った。

一方、職業紹介会社を辞めた曽田練(高良健吾)は、市村小夏(森川葵)を連れ、

仙道静恵(八千草薫)の家に住み始めた。

そして、以前勤めていた、柿谷運送で5年ぶりに働くことにした。

そんなある日、音は仕事帰りの練とバスで会う。

何気ない会話をしながら、2人で静恵の家に向かった。

静恵の家で、練は以前に見た観覧車の近くのピアノの音が聞こえるお店がないことを伝え、

「今度、探しに行こう」と誘う。

しかし、音は「5年でいろいろ変わりました。プロポーズされたんです」と明かし、

井吹朝陽(西島隆弘)との結婚を前向きに考えていることを練に伝えた。

だが、帰り道、音は練のことを考えずにはいられなかった。

ある夜勤中の音のもとに、朝陽が訪ねてきた。

音は、勤務先の介護施設「春寿の杜」に認知症の症状が出てきた入所者がいることを伝え、

以前の入所者のことについて、朝陽に聞いた。

しかし、朝陽は、すっかり忘れてしまっていた。

音の中で、朝陽との思い入れのある入所者だったため、音はショックを受けてしまった。

そんな音の気持ちを知らずに、朝陽は、父親との会食の話を進めた。

次の日、音は、朝陽の父(小日向文世)との会食をした。

朝陽は、音の両親や、生い立ちの話をウソをつき、父に伝えた。

しかし、父は、朝陽が席を外した際に、「本当はどうなんだ」と聞き、

音も今までの生い立ちを話した。

会食を終え、朝陽が父を見送っている間に、音は姿を消してしまう。

朝陽は、練のもとを訪れ、

「あなたが現れるまでは、上手くいってたんだ」と練に伝えた。

一方、音は、介護施設で認知症の症状が現れ始めた入所者に会いに行っていた…。

スポンサーリンク

いつ恋8話の感想と私が選ぶ名場面

第7話で、練の心のつっかえ棒のようなものがとれ、

また音と練のほっこりとしたシーンが見れる!

と思っていたのですが…

音には朝陽という婚約者がいる(・_・、)

音と練、そして朝陽の苦しい三角関係が始まってしまいました…。

そんな第8話の名場面は、

音と練のほっこりとしたシーンではなく、

ドラマの冒頭で、

木穂子が音のアパートに来て、2人でご飯を食べているシーンです!

「恋愛って衣食住っちゃん。」

缶ビールを持ちながら、木穂子は話し始めた。

「衣食住?」と音は、食べながら、聞いた。

木穂子はそのまま話を続けた。

「最初は、自分を着飾るための衣装ったい?

次に恋愛は食べるものになると。ん-、心の栄養っていうとこかいな。」

と言って、缶ビールを飲んだ。

「あー。」と音はうなずいた。

そして、木穂子はまた話を続けた。

「そして最後に、住むものになると。落ち着く場所っていうか、

まぁ、簡単に言ったら結婚やね。

私にとって恋愛は今、住むものっちゃねー。」と缶ビールを飲みながら、言った。

音は「木穂子さん、結婚するの!?」と驚いたような表情で、木穂子に聞いた。

すると、木穂子は「今、待っとうと。」と言った。

それを聞いた音は微笑んだ。

「一回、プロポーズされたことあるっちゃけど、

忙しくてスルーしたら、そのあと言われんくなった。」

と木穂子は、少し眉間にしわを寄せて答えた。

それに対して、音が笑っていると、

木穂子は音に

「音ちゃんも、今の彼氏にプロポーズされたら、なーんも考えんと、『はいっ』って言わなあかんよ。」

と、伝えた。

音はそれを聞いて、何かを考えるような表情をした。

そんな音の姿を見て、

「ポン酢取って!」と言った。

音は「あー。はい!」とポン酢に手を伸ばした。

木穂子はさらに「結婚して。」と言った。

「はい!」とポン酢を木穂子に渡しながら、答えた。

それを見た木穂子は、「そう!そのポン酢感覚。」と言いながら、ポン酢を受け取った。

木穂子のその姿を見て、音は笑った。

冒頭シーンは、女子会をする音と木穂子の会話のシーンでした。

木穂子の「恋愛は衣食住」という言葉。

これを聞いたとき、わたしは「なるほどー」と思わず、納得してしまいましたね!

私も、今の旦那さんと出会ったときは、

「どんな服装にしよう?」

「この服装変じゃないかな?」

と、デートの時には、毎回のように鏡の前でファッションショー状態(*´ω`)

そんな初々しい時もあったなーと思い出しましたね!

少しずつ、一緒にいることに慣れてくると、

木穂子の言うように「心の栄養」となりますね。

ただ一緒にいるだけで、満たされる。

何かするでもなくても、幸せ。

そして、最後は「住むものになる=結婚」になりますね。

私は、「衣食住」すべてが揃ってこその結婚に至るのかなと思いますね(*´∀`*)

音は、朝陽との恋愛は「衣食住」になるのか。

それとも、練との恋愛を選ぶのか。

どちらとの恋愛を選ぶのか、

音の気持ちが気になる展開になってきましたね!

スポンサーリンク

いつ恋8話のロケ地

朝陽が、父親に音を紹介したホテルのレストランは、

千葉県にある「ホテル・ザ・マンハッタン」という場所です。

テレビや映画、雑誌などの撮影でよく使われるホテルです。

経営者である朝陽の父親。

やはり会食も高級感のあるホテルのレストランでしたね!

朝陽との結婚に迷いがある音。

そんな中での、朝陽の父親との会食でした。

そして、朝陽との経済面での価値観を感じるようなシーンでした。

いつ恋も残すところ、あと2話。

さらに展開が気になる第8話でした。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

>> FODプレミアムの初回2週間お試しでの無料視聴はこちらから

スポンサーリンク
テレビ・本・映画
スポンサーリンク
管理人をフォローする
Joy of Living