生しいたけは洗うのか?冷蔵庫保存で長持ちさせる方法!

ヘルシーに食べる
スポンサーリンク

生しいたけをお料理する前の下処理の方法と、冷蔵庫で長持ちさせる保存方法をご紹介します。

原木栽培の生しいたけは、風味が良い貴重品なので、なるべく上手に料理して、残ったら冷蔵庫で上手に保存して日持ちさせたいですよね。

上手にしいたけを下処理すれば、しいたけの風味がお料理に上手に生かせます。

また、冷蔵保存のコツをおぼえれば、しいたけの風味が長持ちします。

生しいたけの下処理の方法と冷蔵庫での保存方法をおぼえて、しいたけの風味で料理を引き立たせましょう。

スポンサーリンク

生しいたけは洗うのか?下処理の方法

生しいたけは、洗ってはいけません。

洗うと風味がおちてしまい、もったいないです。

これは、他のきのこ類すべて(しめじ、エリンギ、マッシュルーム、まいたけ、えのき等)に共通します。

苗床栽培のしいたけなら、ほとんどゴミもついていないと思います。

一方、原木栽培のしいたけが風味が抜群なのでお好きな方もいると思います。

原木栽培のしいたけには、気になるゴミがついていることもあります。

その場合は、キッチンペーパーか乾いたふきんで拭いて、汚れを取り除き、裏のひだのゴミは、カサの上から軽くたたいて払い落します。

先端の石づきの部分は切り落とします。

軸の部分は、香りも強く美味しく食べられる部分です。捨ててしまってはもったいないです。

用途によって、軸の部分を適当な大きさに切りましょう。

スポンサーリンク

生しいたけの冷蔵庫での保存方法

生しいたけは、湿気が大敵。

湿気にやれれると痛んで、裏のひだの部分が黒くなってしまいます。

こうなってしまったら、もう食べられません。

生しいたけを冷蔵庫でなるべく長く日持ちさせる方法をご紹介します。

1.ペーパータオルをしく。

2.ペーパータオルの上に、生しいたけを軸を上にして並べる。

3.ペーパータオルで全体をつつむ。

4.保存容器(またはバッグ)に入れて、冷蔵庫で保存。

スポンサーリンク

生しいたけのまま冷凍保存もできる

生しいたけは、そのままで冷凍保存もできます。

丸のままでも良いし、適当な大きさに切って冷凍保存にしてもOKです。

お料理するときは、凍ったまま加熱調理できます。

 

スポンサーリンク
ヘルシーに食べる
スポンサーリンク
ひろこをフォローする
Joy of Living

コメント