令和の英語訳がかっこいい!Beautiful Harmony!

季節の話題
スポンサーリンク

新たな元号が「令和」と発表されて、日本列島がお祝いムードに包まれましたね。

このニュースは海外メディアも取り上げていて、中でも、イギリスのBBCが英語で表記した「Oder and Harmony」がかっこいい!と日本のSNS上でも話題になりました。

「令和」を英語にするのは難しく、どの海外メディアも苦労したようです。でも、最終的に英語訳は「Beautiful Harmony」に統一されました。

この英語訳がどのようにして決まったのか、まとめてみました。

スポンサーリンク

令和:海外メディアの英語訳がかっこいいと話題に

2019年4月1日に新元号「令和」が発表されたのを受けて、世界のメディアがどのように英語訳したのか主なものを集めてみました。

イギリスBBC → order and harmony

ニューヨーク・タイムズ → order and peace

ワシントン・ポスト → auspicious(兆しの良い) harmony

フィナンシャル・タイムズ → good harmony

ウォール・ストリートジャーナル → auspicious(兆しの良い)peace

他のメディアは、「和」だけ harmony または peace と訳して、「令」は英語訳が明らかでないとして、英語訳を載せていないところが目立ちました。 

スポンサーリンク

令和:英語訳が beautiful harmony に統一

このように海外メディアが英語訳で苦労したのも、「令」をどう訳すかということが難しかったからです。これは日本人にも難しいですよね。

「令」は、一般的には「order = 命令、法令、秩序」という意味で使われていますが、「good = 良い」という意味もあるそうです。同じ漢字でも随分意味が違いますね。どちらの意味で使われているのか、はっきりとはわからなかったのです。

この海外メディアの戸惑いを受けて、4月3日に河野外務大臣が英語訳を「beautiful harmony」に統一したと発表しました。

この背景には、国際的に影響力の大きいBBCが「order and harmony」と訳したことから、令が「order = 命令、法令、秩序」の意味に解釈されると、どことなく昭和時代に第二次世界大戦を引き起こした軍国主義を想起させるとの懸念があったようです。

このため、令は「beautiful = 美しい」という意味に解釈されることになり、令和は beautiful harmony に統一されることになりました。

海外メディアで令を beautiful と訳しているところが見当たらなかっただけに、やや意外な感じもしますが、スッキリしていてわかりやすい英語訳であることは確かです。

スポンサーリンク

まとめ

令和は万葉集からとった名前ですが、その漢字は色々な意味に解釈することができて、何となく意味が掴みづらかったのではないでしょうか。英語で beautiful harmony と言ってもらうと、かえってスッキリ頭におさまる感じがします。

令を order と訳すと軍国主義を連想するというのは考えすぎのような気がしますが、beautiful と訳した方が文字通り綺麗だし、イメージも良くかっこいいですね。

これで令和の英語訳問題も決着したようです。

 

コメント