ワクチンツアーアメリカNY行きの値段は?帰国の際に注意すること!

旅行・お出かけ
スポンサーリンク

テレビ朝日やNHKで、ニューヨーク行きのコロナワクチン接種ツアーのニュースが報道されましたね。

日本では、働く現役世代にワクチン接種の順番がまわってくるのはまだ先になりそうです。

アメリカでワクチンが余っていて、観光客にも打ってくれるなら、「早く接種したい!」と思う現役世代の方は少なくないと思います。

だいたいお幾らなのか、アメリカNYへのワクチンツアーの値段も気になりますね。私も気になったので、調べてみました。

この記事では、

1.アメリカNYにワクチンツアーに行くときにかかる値段の総額

2.どの会社のワクチンを接種するか、副作用の補償の注意点

3.帰国後の面倒なこと

をまとめました。

アメリカNYへのワクチンツアーの値段が総額でいくらくらいかかるのか、ワクチン接種の注意点、帰国後のことについて調べたことをシェアさせていただきます。

スポンサーリンク

アメリカ・NY行きワクチンツアーの料金は?

ニューヨークでコロナワクチンを接種するための料金の総額は、おおむね36万円くらいです。

いち早くワクチンツアーを提供しはじめた旅行社「あっとニューヨーク」の例をとりました。

ただ、帰国したあと、空港から自分の家に帰る移動にかかる値段は含まれていません。

帰国者は電車・バス・タクシーを利用しないよう要請されているので、家族に自家用車で迎えに来てもらう、レンタカーを借りるなどをしなければなりません。

この料金が更に上乗せになります。

空港からのお知らせ

36万円に含まれている費用の内訳は次の通りです。

現地旅行社へ支払うワクチンツアー料金

ニュースで放映されていたニューヨークの旅行社「あっとニューヨーク」の料金を例にご紹介します。

時間がない方などの場合は追加料金を払って、個人対応にしてもらうこともできますが、通常はグループ対応の下記の料金で十分でしょう。

【ワクチン接種サービス(会場への案内・接種のサポート): 150ドル】

英語が不安な場合には、会場へ案内してくれて、接種のサポートもしてくれるこのサービスは心強いですね。

【日本帰国時に必要なPCR検査と陰性証明書サービス: 275ドル~】

英語に自信のある方でも、日本に帰国する際に必要なPCR検査の陰性証明書の手配をするのは面倒なので、こういうサービスを利用する価値は大ですね!

日本だとPCR検査と陰性証明書を取るのに、3万円くらいかかるので、この料金には納得です。

お急ぎの方用のエクスプレスサービスは、追加料金が必要です。

【空港・ホテル間の専用車送迎(往復): 440ドル~】

英語が不安な方や、アジア人への暴行事件が起きたことなどに不安がある方には、心強いサービスですね。

現地の旅行社へ払う料金の総額 >> フルサービスの場合、総額は865ドル

自分で手配する料金:日本出国前のPCR検査と陰性証明書発行の料金

クリニックによって料金に差がありますが、だいたい3万円~3万5千円くらいです。

自分で手配する料金:航空券・ホテル・海外旅行保険

日本~ニューヨークの航空券と宿泊ホテルは、自分で別に手配する必要があります。

【日本~ニューヨークのエコノミー往復航空券: 約20万円】

直行便だと20万円前後です。

乗り継ぎ有りだと、これより安いフライトもありますが、ワクチン接種後なので身体が楽な直行便が良いでしょう。

【ホテル代2泊分: 2万円~】

ニューヨークに2泊する日程が身体も楽です。

一名一室で1泊1万円くらいから探せます。

【海外旅行保険】

万一、ワクチン接種後に副作用がでて治療が必要になった場合、アメリカの医療費はとても高いので、海外旅行保険は絶対に必要です!

2泊4日だと3000~5000円くらいで探せます。

自分で手配する航空券・ホテル・海外旅行保険の総額 >> 23万円くらい

航空券もホテルも値段の変動がありますが、JTB「海外航空券+ホテル」など、その時点での料金がわかります↓

これら全ての料金をトータルして、おおむね36万円(2泊4日)が目安でしょう。

スポンサーリンク

ニューヨーク以外にもある!アメリカ・ワクチンツアー

だんだんとニューヨーク以外にも、日本人のアメリカでのワクチン接種をサポートする旅行社がでてきています。

サンフランシスコ、ラスベガス >> 旅行社「タビナカ」

他にも出てくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

アメリカ・NY行きのワクチンツアーで接種できるワクチンの種類と注意点

注意点は、主に2つです。

どのワクチンを打つか?

1回の接種で済むジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンと、2回必要なファイザーのどちらかを選べます。

ニューヨークでのワクチンツアーでは、1回で済むジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンを接種する人が多い訳ですが、このワクチンは、日本ではまだ未承認です(審査中)。

ごくまれに、血栓症の副作用があることが報告されています。

外国人の友人が何人もアメリカでワクチンを受けてきていますが、みんな一回で済むジョンソン&ジョンソンです。

みんな全く普通に元気にしています。

でも、副作用に心配がある人は、やはりここは考えどころですね。

厚生労働省の許可がおりれば、2022年1月より、日本でも1回の接種で済むジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチン接種が始まる見通しです。

日本と同じファイザーも選べますが、2回目のワクチンを受けにもう一往復しなければなりませんね。

料金も単純に2倍になります。

2回目のファイザーワクチンが日本で接種できれば良いのですが、20日以上の間隔を開けると効果が落ちてしまいます。。

20日間アメリカにいられる時間的余裕のある方、学生さんには、ファイザーのワクチンもおすすめです。

学生向きには「ワクチン接種留学」なんかもあるそうです。サマープログラムに参加するなら、余裕でファイザーを2回打てますね。

でも、時間的余裕のない方には、やはりジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンが現実的な選択肢になります。

副作用が出ても日本の補償制度の対象外

日本で受けたワクチンなら、万一副作用がでた場合、日本の補償制度の対象(ワクチンが原因で副作用がでたことを国が認めた場合に限る)になります。

でも、当然ながら、アメリカで受けたワクチンは日本の補償制度の対象外です。

副作用の際の医療費などは、自己負担です。

副作用の心配のある人は要注意です。

でも、副作用の心配がある人は、そもそも日本でもワクチン接種はできないですね。

スポンサーリンク

アメリカ行きワクチンツアーは帰国後が大変

日本に帰ってきたら、3日間のホテル滞在が必要です(2021年6月4日現在)。

3日目にPCR検査して陰性だったら、自宅へ帰れますが、その後も2週間(帰国日から)の自己隔離が必要になります。

お仕事がある方は、自宅から出られないので、基本はテレワークのみになってしまいます。

また、入国の際にスマホにGPSアプリを入れることを求められて、2週間の所在地確認が必要になってきます。(スマホを持っていないと、自費で借りないといけない)

更に、空港から自宅までの足は、公共の交通機関(バス、電車、タクシー、航空機)に乗ることが禁じられるので、自家用車・レンタカー・ハイヤーでの移動になります。

結構、大変そうですね。

アメリカへのワクチンツアーを検討するときに、これが最大のネックかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

アメリカ・ニューヨークに日本からワクチンツアーに行く料金の総額は、おおよそ36万円くらいかかります。

日程やホテルのランク、航空チケットのクラスなどによって、料金のトータルはかわります。

また、英語ができる方は、現地でのサービスを減らして金額を下げることもできます。

本来は、日本で接種できたら料金もかからず何かと安心です。

でも、現役世代は毎日働かなければ仕事が回りません。

アメリカでは日本より一足も二足も早く経済が正常化しています。

一体いつ順番が回ってくるのかがわからないワクチンを、日本でただじっと黙って待っている余裕のない方もいると思います。

料金はかなりかかり、帰国後も待機を求められるなど、大変ではありますが、自力でアメリカ・ニューヨークにワクチンを接種しに行く手段はあります。

日程や予算と相談しながら検討してみる価値はあると思います。

スポンサーリンク
旅行・お出かけ
スポンサーリンク
ひろこをフォローする
Joy of Living

コメント