センチョクの口コミ!格安で新鮮美味なので生協と併用して使います!

ヘルシーに食べる
スポンサーリンク

コロナで外食が減ったので、家で消費する食材の量が圧倒的に増えてきました。

食材を買いに出かけるのも、たまになら気分転換になって良いですが、しょっちゅうだと大変ですよね。

うちは週に1度、生協パルシステムを頼んでいるのですが、もう一回別の生協を頼もうかな。。

と思っていたら、素晴らしすぎる食材宅配サービスに出会いました!!!

センチョク」です。

東京23区内限定ですが、卸売業者が自宅に新鮮な食材を届けてくれるサービスです。

この記事では、次の内容をレポートしたいと思います。

1.センチョクでのお買い物内容とお値段

2.センチョクの素晴らしい点

3.センチョクでちょっと残念な点

4.センチョクのおすすめ利用法

東京23区内にお住まいで、コロナ禍での食材の買い出しが大変だな、と思っている方には、願ってもないサービスです。

新鮮で美味しい食材が、格安な値段で自宅まで届けてもらえますよ!

スポンサーリンク

センチョクの口コミ!卸集結プレミアムセットの内容

センチョクは、市場の卸業者が協力して始めた東京23区内への食材宅配サービスです。

HPはこちら >> センチョク

うちでは、まずセンチョク一押しの「卸集結プレミアムセット」を注文しました。

指定の日の指定の時間帯に、玄関先まで届けてもらえました。

受け取って、あらためてビックリしたその内容!

一枚の写真には収まりきれなかったので、4枚に分けてご紹介します。

お肉が全部で2kg

内訳は、

和牛切り落とし(バラ) 500グラム
国産豚小間 500グラム
大山鶏ももカット 500グラム
豚バラしゃぶしゃぶ用(メキシコ産) 500グラム

生の極厚切り身が6切です。

この日は、ぎんだら、めかじき、サーモンでした。

こちらは、冷凍の魚介類です。

釜揚げしらすボリュームパック 500グラム
鯵タタキ 80グラム×3パック
広島産・牡蠣フライ 20粒
金華〆サバ 1枚 ~三陸沖ブランド~
龍禾ガリあじ
ネギトロ 250グラム
紅スモークサーモン

そして、お野菜。

新じゃが芋S 300グラム
新玉葱L 2個
そら豆 500グラム
スナップエンドウ 150グラム
皮付きヤングコーン 4本
ベビーリーフ 200グラム

驚くほどの内容です。

新鮮な食材がこれだけ入って、玄関まで届けてもらって、定価は15120円(税込)のところ、初回だけ40%割引で購入できるので、9072円(税込)

送料500円を払っても、1万円いかない9572円(税込)です。

野菜はもう食べ尽くしましたが、肉と魚は食べつつあるところです。

今までのところ、はずれなし!

生サーモン、スナップエンドウ、ベビーリーフはセンチョクのものです↓

こちらの牡蠣フライとベビーリーフも、センチョクのものです↓

センチョクの黒毛和牛スライスをつかったビーフストロガノフ。

ベビーリーフは何にでも↓

ほかにも、スーパーではお高いので絶対に買わないそら豆や、皮つきのままのベビーコーンも初めて食べました。

すべて美味しかったです!

スポンサーリンク

センチョクの口コミ!素晴らしい点

値段とボリュームはおわかりいただけたとして、センチョクをたのんでみて、本当にっ良かったと思う点は次のとおりです。

ゴミが最小限しか出ない

「いきなり、それ?」と思われるかもしれませんが、かなーーり重要です。

センチョクは玄関で受け渡しをすると、冷蔵・冷凍品を入れていた発泡スチロールの保冷箱は、その場で持ち帰ってもらえます。

中身だけを受け取れる、つまり、生協と同じ方式です。

コロナ以来、ネット通販を利用することが多くなってきたと思いますが、それとともに梱包材のゴミ出しが増えましたよね。

うちのゴミ置き場も、梱包材の量がすごく増えました。

普通のネット通販だと梱包材は持っていってもらえないので、自分でゴミ出しするしかありません。

私は、ゴミ出しはできるだけ減らしたい家事のうちの1つです。

センチョクでこれだけ頼んでも、でた梱包材はダンボール一つです。

冷蔵・冷凍品を入れていた発泡スチロールの保冷箱は、持ち帰ってもらえたので、本当にありがたかったです。

本当にありがとうございます。

一般家庭でも使いやすい食材の量と種類

日常的に使える食材を、2人以上のご家族だったら多すぎない量で売っているのが、センチョクの良いところです。

「たしかに高級食材が安いけど、この量をいっきに解凍しても食べきれない。。」というのでは困りますよね。

でもセンチョクの冷凍品は、食べきれる量になっています。

センチョクの鶏肉、牛肉、豚肉は、250gづつのパックになっていたので、使いやすかったです。

一人暮らしだと250gでも持て余すかもしれませんが、2日に分けて食べたり、作り置きにするという手もありますね。

センチョクの卸業者さんは、普段は外食のお店にだしている訳ですが、一般家庭向きの量にしてくれているのが嬉しいです。

また食材の種類も、高級すぎて見たことも聞いたこともない、どうやって食べるの?というようなものもなく、普通の家庭で美味しく料理していただけるものが中心です。

いつでも注文できて、最短で翌々日に受け取れる

これは生協と比べての話です。

生協だと、注文締切日と配達日が週一回に指定されています。

一方センチョクは、思い立ったときに注文できて、最短で翌々日に受け取れます。

この柔軟さが嬉しいです。

もちろん、今はネットスーパーが最短当日もってきてくれるところもありますが、野菜・肉・魚については、味・ボリューム・価格がセンチョクの圧勝です。

「あ、そろそろ冷蔵庫が寂しくなってきたな」と思ったら注文すれば良いのが、いいですね。

新鮮で美味しくて格安

最後になってしまいましたが、やっぱりこれが決め手でしょう!

このマグロのお値段、衝撃的すぎて、ここには書けません↓

マグロもどんどん注文してくださいね。

特にお魚は、東京ではいいのを買えるところが少ないですよね。

産地直送便などもあるけれど、やっぱり送料が気になります。

それが、送料500円で宅配してくれるのは本当にありがたいです。

スポンサーリンク

センチョクの口コミ!ちょっと残念な点

生協と比べて、少し残念な点は次の二つです。

生協は、何十年の実績があって多くの人が利用する、よくよく整備されたシステムなので、生協と比べるとどうしても使い勝手の悪い部分があるのは仕方ないですね。

今後の普及と改善に期待したいです。

サイトがわかりにくい

ちょっと残念な点は、生協と比べて、サイトの使い勝手が微妙に良くないです。

私がどんくさいだけなのかもしれませんが。。

注文内容が決まって、最後のページで配達日を指定したら、その右側にある「配達可能日か確認する」というボタンをクリックしてください。

そうしないと、次のページに進めません。

よーく見ると、確かに小さい字で書いてあるのですが、直感的には操作しずらいです。

私はこれで30分くらい往生して、注文をあきらめそうになりました。。

留守のときは、電話確認した上で置き配

生協だと家を留守にしていて不在のときも、勝手に玄関に置いていってもらえます。

一方、センチョクはもし留守だった場合は、確認の電話がかかってきて、置き配の確認を取った上で置いていってもらえます。

その場合は梱包材を持ち帰ってもらえないので、なるべく在宅のときに受け取りたいですね。

トレイのゴミがでる

細かいことを言うようですが、お肉を入れているトレイのゴミがでます。

生協だとこのトレイのゴミが全くでないので、そこはちょっと残念です。

生協みたいな包装にしてもらえると嬉しいです。

配達エリアが東京23区のみ

今のところは、東京23区内だけのお届けです。

スポンサーリンク

センチョクの口コミ!おすすめ利用法

本当にセンチョクには感激したので、私は、生協と併用して使うことにしました。

うちは月曜日配達なのですが、週の後半になると冷蔵庫が寂しくなって、食材に困ってしまいます。

なので、ここでセンチョクの援軍を投入したいと思います!

生協はやっぱりはずせない。

牛乳、卵、豆腐、ヨーグルト、調味料、日用品などは生協が命綱です。

でも、野菜・果物などは週に一回ではもたない。

センチョクの品揃えは、生協の援軍にぴったりです!

毎日の料理の支度に大忙しの主婦には、買い物の手間が省け、食費もかからず、ゴミもあまり出ないセンチョクは超おすすめです。

何より、新鮮で美味しくて格安です!

うちも、もっといろいろな食材を試してみたいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

東京23区内限定ですが、センチョクはとてもおすすめの食材宅配サービスです。

初回は40%割引で注文できます。

是非一度ためしてみてください!

 

スポンサーリンク
ヘルシーに食べる
スポンサーリンク
ひろこをフォローする
Joy of Living

コメント