神社の参拝方法を動画つきで解説!お賽銭はいくらがいいの?

暮らし
スポンサーリンク

神社を参拝することになると、「参拝ってどうやってするんだっけ。お賽銭っていくらがいいの?」と疑問に思うことがありますよね。

参拝の作法がきちんとできている人は、大人として常識をわきまえている人っていう感じがして素敵です。

この記事では、参拝方法と作法、お賽銭について動画つきで解説していきます。

スポンサーリンク

神社参拝はこの順番で

参拝は鳥居をくぐる瞬間から始まっているって知っていましたか?

全体の流れを確認してみましょう。

神社参拝の順番

1.軽く一礼をして鳥居をくぐる
2.手水舎で手と口をすすぎ身を清める
3.参道を通り拝殿へ
4.拝礼(二礼二拍手一礼)をする
5.御朱印や授与品を授かる
6.帰る際に、鳥居で向きなおって軽く一礼

以上が全体の簡単な流れです。

注意点を踏まえながら詳しく説明していきます。

まず鳥居をくぐる前に一礼をしてから、参道を進みます。深い礼ではなく会釈程度でかまいません。

参道の真ん中は神様が通る道なので、端を歩きましょう。

参道を横切る必要があるときは、頭を軽く下げながら歩いたり、参道の中央で社殿の方を向いて一礼して横切るようにしましょう。

手水舎での作法

参道を進むと手水舎(ちょうずや)があります。(小さな神社はないこともあり)

ここで、手と口をすすぐことで身を清めます。

手水舎は「てみずや」「ちょうずしゃ」など神社によって呼び方が異なります。おもしろいですね。

1.軽く一礼してから、右手でひしゃくを持ち、水をくんで左手に流す。
2.
ひしゃくを左手に持ち替え、右手に流す。
3.
右手に持ち直し、左手に水を溜め口をすすぐ(強く吐き出さない)
4.
もう一度左手を流す。
5.
柄杓の柄が下になるように立てて、残った水で柄を流しひしゃくを戻す。6.ハンカチなどで手を拭き、軽く一礼

何度も水をくまずに、一回くんだ水だけで最後まで行えるように注意しましょう。

はじめと終わりの一礼は、鳥居をくぐるときと同様で会釈程度で大丈夫です。

手水舎で身を清めたら、拝殿まで参道の端を歩いて進みます。

拝殿で、二礼二拍手一礼(手順は後述)の拝礼をします。

御朱印やお守りをいただきたい場合は、拝礼が終わってから授与所に行きましょう。

御朱印は参拝をしたという証なので、いただくと良い記念になります。

受け取りを済ませたら参道の端を歩き鳥居まで戻ります。

神社を出る時は、鳥居をくぐってから社殿の方を向き、一礼します。

このときも会釈程度でかまいません。

スポンサーリンク

神社の拝礼方法を動画付きで解説

拝殿に着いてからの拝礼(二礼二拍手一礼)について、東京神社庁がわかりやすい動画を公開しています。

この動画の順番を紹介します。

1.賽銭箱の前に立ち軽く一礼
2.
お賽銭を入れる
3.
鈴や鐘を鳴らす
4.
二礼二拍手一礼
5.
軽く一礼

詳しく解説します。

前の人の拝礼が終わったら賽銭箱の前に立ち、会釈程度の軽い一礼をします。

礼を済ませたら賽銭箱へお賽銭を入れます。

このときお賽銭を強く投げつけたりせずに優しく入れましょう。賽銭箱が遠い場合は、下からふわっと投げると良いです。

鈴や鐘がある場合は、お賽銭を入れたあとに優しく鳴らします。激しく大きな音を鳴らす必要はありません。

二礼二拍手一礼をします。二回深くお辞儀をし、手を合わせます。

右手を少しだけ自分の方に引き、二回手を叩きます。右手を戻して両手をそろえて一呼吸おいてから手をおろし、一回深いお辞儀をします。

これが二礼二拍手一礼です。

地域や参拝する神社によって多少の違いはありますが、二礼二拍手一礼がもっとも一般的な拝礼方法です。

最後に軽く一礼をして、次の人に順番をゆずりましょう。

実は、お願いごとや感謝を伝えるタイミングはいつでもいいとされています。

二拍手をしたあとの両手をそろえたときがスムーズではありますが、鈴や鐘を鳴らしたあとでも、最後の深い一礼をしたあとでもかまいません。

自分のすきなタイミングで神様に伝えましょう。

スポンサーリンク

お賽銭はいくらがいいの?

お賽銭はいくらがいいのか気になるところではありますが、決まりはありません。

お賽銭はあくまでも気持ちなので、金額よりも神様への感謝や敬う気持ちが重要です。多ければ多いほど良いというわけではないのです。

また、小銭の持ち合わせがなく、お札をお賽銭する準備ができないときは、お賽銭をしないという選択肢もあります。

お賽銭は「必ずしなくてはいけないもの」というわけではありません。

参拝は気持ちがあってこそなので、誰かに借りてまでお賽銭をしなくて大丈夫です。

お賽銭の験担ぎ(げんかつぎ)

お賽銭はあくまでも気持ちなので、金額に良し悪しはありません。

でも、日本人は昔から験担ぎ(げんかつぎ)をする文化があり、それが今にも伝わっています。

お賽銭は「ご縁がありますように」と5円だとよく聞きますよね。

「二重にご縁」で25円。

「五重に、たくさんご縁」で55円です。

逆に、「遠縁になる」から10円が良くないと言われたりもします。

そのときの自分の年齢や、参拝の日付にしているという人もいます。

お札をお賽銭にする作法

お札をお賽銭したいときは、どうしたら良いのでしょうか?

お札を直接賽銭箱へ入れるのもマナー違反なので、事前に封筒に入れておくという準備が必要です。

折り目のついていない新札と郵便番号記入欄のない白い封筒を用意します。

封筒の表に「御初穂料」と書き、裏の左下に住所と氏名を記入しますが、個人情報なので書かなくても大丈夫です。

スポンサーリンク

神社に拝礼するときの「唱え言葉」とは?

 

唱え言葉は知っていますか?

拝礼するときになにをお願いしたらいいのかわからない、なんてこともありますよね。

唱え言葉は神様にお願いをするための言葉です。

拝殿に唱え言葉が掲げられている神社もあるので、なにをお願いするか迷ったときは唱え言葉を心のなかで唱えましょう。

よく知られている唱え言葉は、次のものです。

「祓い給い、清め給え、神ながら守り給い、幸え給え」
はらいたまい、きよめたまえ、かむながらまもりたまい、さきわえたまえ

「悪いものを祓って清めてください。神様の力で守って幸せにしてください」という意味です。

もし神様に特別にお願いしたいことや伝えたいことがある場合は、唱え言葉は唱えなくても大丈夫です。

お賽銭と同じで気持ちが大事なので、自分が伝えたいことを伝えれば良いのです。

スポンサーリンク

最後に/まとめ

では最後に、参拝について簡単にまとめます。

・参道の端を歩く

・手水舎で清める

・二礼二拍手一礼

・お賽銭は気持ちでいい

・神様への感謝の気持ち、敬う気持ちが一番大事

参拝方法と作法、お賽銭について解説してきました。

参道の真ん中は歩かない、お賽銭は強く投げないなどの作法はありますが、基本的には「参拝をし、神様に気持ちを伝える」ということが一番大事です。

どんなに作法に気をつけても、気持ちがなければ意味がありません。

地域や神社によって多少の違いはありますが、この記事ではもっとも一般的な参拝方法をご紹介しました。

参拝方法の説明書きがあったら確認をしてみて、「この神社はこうなんだ」と違いを楽しむのもいいですね。

参拝後は、なんだか心がすっとするものです。

ぜひ気持ちのこもった良い参拝にしてください。

スポンサーリンク
暮らし
スポンサーリンク
管理人をフォローする
Joy of Living

コメント