人生レシピ。マスク肌荒れしない方法は?マスク美人の目元メイク術!

おしゃれ
スポンサーリンク

2021年2月26日のNHK Eテレ「あしたも晴れ!人生レシピ」は、「マスクの悩みを解決!肌荒れ対策 メーク術」でした。

女性のマスクのお悩みは2つ。

マスク肌荒れと、マスクの時の目元のメークです。

今回の人生レシピは、マスク肌荒れしない方法と、マスクのときの目元ぱっちりメイク術の特集でした。

スポンサーリンク

人生レシピ「マスク肌荒れ」講師プロフィール

講師は、赤須医院院長の赤須 玲子先生です。

日本皮膚科学会専門医
アメリカ皮膚病理認定医

1984年    東海大学医学部卒業

1985~1996年 山梨大学医学部皮膚科学教室助手

1989~1991年 カナダ トロント大学病理学教室留学
1996年    山梨大学非常勤講師
1997年    表参道皮膚科 副院長
1998年    港区六本木に赤須医院を開設

スポンサーリンク

マスク肌荒れしない方法

マスクによる蒸れと摩擦が肌荒れを引き起こします。

このために、赤須先生がおすすめのマスク肌荒れしない方法は、3つ。

少し大きめのマスクをつける

少し大きめのサイズのマスクをつけ、隙間ができないように、マスクの端と鼻の部分はしっかりつけましょう。

耳にかけるゴムも、きつすぎず緩すぎないようにしましょう。

マスクと皮膚の間に一枚はさむ

そして、大きめのマスクと皮膚の間に一枚はさむことです。

天然素材のガーゼ、コットン、ティッシュ、綿の布などが良いそうです。

外出時には化粧水をスプレーする

外出の際は、乾燥を防ぐために、携帯用のスプレーに化粧水を入れて持っていき、まめにマスクをはずして顔にスプレーして保湿します。

\メークの上からスプレーできる60gの携帯用化粧水↓/

スポンサーリンク

人生レシピ「マスクのメイク術」講師プロフィール

メイク術の講師は、浅香純子先生です。

【プロフィール】

1955年生まれ。早稲田大学法学部卒。

長年、大手化粧品メーカーでプロモーション情報立案を担当。

「RMK」「SUQQU」「CHICCA」に携わる。

2011年 独立し、Sayブランドマネージャーに就任。

2012年 「若創り学教室」を東京・銀座にオープン。

予約の取れないメイク教室との評判になる。

メイク講師として、NHKほかのメディアに出演多数、著書も人気です。

スポンサーリンク

マスクのメイク術

マスクをするようになって、アイメイクのお悩みが増えてきたそうです。

浅香先生に、マスクのときのアイメイクのやり方を解説してもらいました。

実際のメークの様子です↓

スポンサーリンク

まとめ

2021年2月26日のNHK Eテレ「あしたも晴れ!人生レシピ」は、「マスクの悩みを解決!肌荒れ対策 メイク術」でした。

皮膚科に駆け込むようなマスク肌荒れの方が例年の2倍ほどになっているそうです。

マスク肌荒れの防止策は重要ですね。

1.少し大きめのマスクをする。

2.マスクと皮膚の間に一枚はさむ。

3.外出時には、化粧水をマメにスプレーして保湿する。

この3つで、マスク肌荒れを防ぎましょう。

また、マスクのときは目元が目立つので、アイメークのお話も役に立ちました。

これを機に、アイメーク上手になりたいものです。

東京・銀座の浅香先生の40代からの大人女性のためのメイク教室に行ってきたときの体験を書きましたので、よろしければご覧ください↓

\高さ調節できる卓上用のメークミラー。使いやすくておすすめです↓/

スポンサーリンク
おしゃれテレビ・本・映画
スポンサーリンク
ひろこをフォローする
Joy of Living

コメント