防水のエコバッグ!保育園の送迎時に用意しておくのがおすすめ!

エコバッグ
スポンサーリンク

保育園にお迎えに行ったら、持ち帰らなきゃならない荷物が多かった!

雨だったり、お着換えや掛け布団の洗濯物を持って帰らなきゃならなかったりすることも...

こんなとき、手持ちのエコバッグがあったらいいけど、エコバッグって色々ありすぎて、何を選んでいいかわからない...

そこで、数あるエコバッグの中から、保育園の送迎用のエコバッグとしての条件を満たすエコバッグを2つ、ご紹介したいと思います。

保育園送迎用にどんなエコバッグを選んだら良いかという話から、おすすめのエコバッグをご紹介いたします。

スポンサーリンク

保育園の送迎用のエコバッグってどんながいいの?

保育園送迎用にいつも持っていたいエコバッグは、こんなものです。

コンパクトにたためる

コンパクトにたたんで、いつでも鞄の中に入れておけるエコバッグがベストです。

コンパクトに折りたためるものでないと、毎日の通勤・通園が大変になってしまいます。

マザーバッグよりも、小さくたためるエコバッグの方が断然便利です。

軽いこと

ただでさえ荷物が多く、途中で子どもを抱っこしなければならないこともあるので、軽いのは必須の条件です。

大容量なこと

保育園は、オムツ、お着換え、寝具、子どもの工作物などなど、とにかく荷物が沢山。

子どもが二人なら、2倍になります。

子どもが小さいうちは、とにかく荷物が大量なので、大容量のエコバッグが心強いです。

防水仕様なこと

雨の降る日に、保育園で使うお着換えや寝具を持っていかなくてはならないので、防水仕様のエコバッグが安心。

とにかく最近の大雨は、尋常じゃないことがあります。

せっかく綺麗にお洗濯した子どものお着換えや寝具は、濡らさないよう防水仕様のエコバッグに入れて、保育園に持っていきたいですよね。

たたむのが簡単なこと

エコバッグを使い終わったら、すぐに小さく畳んで鞄の中に入れておかないと、翌日に持っていくのを忘れてしまう危険性も。

忙しい毎日なので、たたむのが簡単なエコバッグが重宝します。

洗濯できること

汚れが気になったら、簡単に洗濯できるのが必須条件です。

スポンサーリンク

便利すぎる!保育園用の防水エコバッグ

近年のエコバッグの大ヒット作のシュパット。

簡単にコンパクトにたためるのが魅力で、丈夫でしっかりしています。

このシュパットの中で、防水仕様洗濯可のタイプのものが保育園用のエコバッグにおすすめです。

見ての通り、トートバッグのようなしっかりした形ではなく、風呂敷みたいな形なので、子どもが保育園でつくった工作物なども、それなりに入ってしまう利点があります。

シュパットの中から、①コンパクトにたためる、②たたむのが簡単、③大容量、④軽い、⑤防水仕様、⑥洗濯できる、という条件を満たしているものをピックアップしました。

Lサイズのシュパット(31.4L)

シュパットの中で一番大きいサイズが、このLサイズ(31.4L)。

保育園は本当に荷物が多いので、このくらいの大容量があると安心。

実は、シュパットにはセブンイレブンが出しているものもあって、セブンのシュパットのLサイズは40Lと大容量なんだけど、生地が防水ではないので保育園用にはおすすめできません。

こちらのシュパットはちゃんと防水です。

デザインは7種類。

>>シュパット Lサイズはこちら

他に、数量限定で北欧柄の楽しいデザインもあります。

もし、パパが保育園の送迎に行くこともあるなら、パパが使っても違和感のないブラックやネイビーを選ぶのもいいかもしれないです。 

>>北欧柄のシュパットLサイズはこちら

Mサイズのシュパット(14.5L)

保育園に預けているバッグがあって、子どもの洗濯物などは先生がそのバッグにいれてくれるので、そこまで大きなエコバッグは必要ない、という方におすすめなのがMサイズ。

【注意】シュパットのボストンバッグ型(22L)、ドロップ型(16L)は容量はMサイズより大きいのですが、洗濯が不可なのです( ;∀;)。

デザインは13種類です。

風呂敷みたいな和柄も可愛い(^o^)/

パパ、ママ兼用に良さそうなデザインもありますね。

>>シュパット Mサイズはこちら

スポンサーリンク

まとめ:保育園の送迎用に防水エコバッグは便利すぎる

お洒落なエコバッグ、可愛いエコバッグが花盛りで、見てると、ついつい欲しくなってしまいます。

でも、保育園の送迎用のバッグは、最もタフな仕事をすることが求められるバッグ。

厳しい目で選ぶことが大切です。

あまり考えずに買ってしまったエコバッグは、毎日の通園・通勤に不便なものだと、あっという間に使われなくなってしまいます。

多くの愛用者がいる定番のエコバッグの中から、①コンパクトにたためる、②たたむのが簡単、③大容量、④軽い、⑤防水仕様、⑥洗濯できる、という条件を満たすものを選べば、間違いありません。

毎日の保育園の送迎の片腕となるエコバッグは、確かなものを選びましょう。

>>シュパットLサイズはこちら

>>北欧柄のシュパットLサイズはこちら

>>シュパットMサイズはこちら

 

 

エコバッグ
スポンサーリンク
チカをフォローする
チカのセカンドライフ

コメント