メイクの仕方(40代)を習った感想!井川遥みたいなベースメイクとは?

お出かけスポット
スポンサーリンク

メイクの仕方って知っていますか? 私は40代になってから、NHK Eテレ「あしたも晴れ!人生レシピ」の「脱老け顔!若返りメーク」編の講師、浅香順子先生の化粧教室に行ってメイクの仕方を習ってきました!

【あしたも晴れ!人生レシピ】老け顔脱出!若返りメーク教室体験報告

その教室で一番ビックリしたメイクの仕方は、40代女性のためのベースメイクです。ベースメイクについての考え方がガラッと変わりました。

40代で綺麗な女優さんと言ったら井川遥さんですよね。くすみのない肌の透明感がとっても印象的です! とても自然でナチュラル・メイクのお手本です。

 

View this post on Instagram

 

井川 loin.officialさん(@loin.official)がシェアした投稿

井上遥さんはもともと色白なのでしょうが、高度なスキルを持ったプロのメイクアップアーティストによるメイクの仕方はやはり大きいと思います。

井川遥さんはハードル上げすぎですが、老け顔に悩む普通の大人女子がお教室に行って良くわかったことは、年代にあったメイクの仕方を知っているか知らないかの違いは大きい!ということ。特に「40代になったらベースメイクのやり方を変えなくてはならない」ということを学んできたので、今回はそのことについて書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

メイクの仕方(40代)のベースメイクにおける最優先課題

ほうれい線、シミ、肌のくすみ、小ジワなど、40代になったらお肌のちょっと気になることって沢山ありますよね。全てをカバーするのは、女優さんだったらいざ知らず、仕事に家庭に忙しい普通の大人女子には無理です。

では、どこに焦点を絞るか?

肌色を明るくして、透明感を上げることが40代べースメイクの最優先課題です。

実感の通り、肌の色は加齢と共に「暗く」「黄色く」なっていきます。40代では、なんと20代前半の時と比べて、肌の明るさが半分になって、肌の黄ばみが1.5倍になっているそうです(花王調べより引用)。おそろしいですね。でも、だからこそ肌の色を明るくするだけで、顔の印象をガラリと大きく変えることが出来るのです。

スポンサーリンク

メイクの仕方(40代)の透明感を上げるベースメイクの仕方

忙しい大人女子は、オールインワン化粧品を使っている人も多いと思います。保湿と下地とファンデとUVカットとパウダーが全部コレ一本!みたいなの。私も使っていました。でも、コレはやめましょう。40代のベースメイクには、化粧下地+ファンデ+仕上げパウダー3層重ねが必須です。面倒ですが3回やりましょう! 3層重ねて、光を反射させると顔色がグンと明るく見えます。

化粧下地

化粧下地を使わない人も多いと思いますが、独立した化粧下地クリームは必須です。化粧下地には様々な効果が謳われていますが、化粧下地を使う最大の目的は、顔色を明るく補正することです。伸ばしすぎると下地の色が消えてしまうので、サッと全体に伸ばしてください。

こんな感じです。

パウダーファンデーション

お教室ではパウダーファンデの塗り方を習いました。年齢が上がったらリキッドファンデの方が良いのはわかるのですが、パウダーファンデはやっぱり簡単で楽です。最近は、パウダーファンデをパフではなくてブラシで塗るというお化粧法があって、専用のプラシも売られているということをお教室で初めて知りました。パフよりも薄く均一に伸ばすことが出来ます。

そして驚いたのが、パウダーファンデを塗る量の少なさです! パウダーファンデをブラシに一回つけたら、それだけで顔全体を塗ります。それで終わりです。もう一度ファンデをつけてもう一塗りというのは御法度です。物足りない!もっとつけたい!でも、それを堪えて次に進みます。

仕上げパウダー

パウダーファンデの上に更に仕上げパウダー??とビックリしました。仕上げパウダーの役割は、テカリを抑えることだと思っていたので、リキットファンデじゃないから仕上げパウダーは必要ないと思っていました。

でも、仕上げパウダーの最大の役割は、光を反射させることだったのです。モデルや女優さんが撮影の際に、レフ板を使っているのと同じことです。ブラシでたっぷりとつけましょう。何度でもOK。ここが透明感ベースメイクの最大の肝です。

スポンサーリンク

メイクの仕方(40代)のベースメイクでやってはいけないこと

40代になると誰でも、気になるシミの一つや二つ、目の下のクマなど色々と隠したいものはあります。でも、気になる点を全部カバーしようとすると、どうしても厚塗りになってしまいます。コンシーラーは使って良いのですが、ここだけはどうしてもカバーしたいという一箇所だけにする。それも完全に消すのではなく「目立たなくさせる」程度にとどめておくことが肝要です。

シミやクマを気にするあまり、コンシーラーやファンデを塗りすぎることは絶対にやってはいけません。アラには目をつぶり、顔全体の透明感を優先させること。この二律背反の命題の間に絶妙なバランスを取ることが、40代ベースメイクの極意だそうです。シミが隠せなくても、顔全体が明るく仕上がった方が、絶対に顔の印象が大幅にアップします。「木を見ないで森を見ろ」ってことですね。

スポンサーリンク

まとめ

40代になったら見直したいメイクの仕方をベースメイクに絞ってお伝えしました。

  1. 化粧下地は独立したものを必ず使う(オールインワンタイプは駄目)。
  2. ファンデーションはごくごく少量にとどめておく。
  3. 仕上げパウダーはたっぷり使ってレフ板効果を狙う(パウダーファンデでも仕上げパウダーは必須)。
  4. アラを隠すことに固執せず、透明感を優先させる。

お教室では、この他にもためになるテクニックをたくさん教わりました。ご興味があったら、全国各地で開催されているので、お近くの教室を探してみてください。

Say自分でできる大人の化粧教室

コメント