「モモ」エンデの名言に学ぶ豊かな時間!100分de名著の感想!

テレビ・本・映画
スポンサーリンク

2020年8月のNHK「100分de名著」は、ミヒャエル・エンデの「モモ」。

「人間にとっての豊かな時間とは何か?」について「モモ」の中にあるエンデの名言から河合俊夫さんが解説してくれます。

この番組についての感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

「モモ」エンデの名言①本当に相手の話を聞くことができる人はめったにいない

「小さなモモにできたこと、それは他でもありません、相手の話を聞くことでした。

なあんだ、そんなこと、と皆さんは言うでしょうね。

話を聞くなんて、誰にだってできるじゃないかって。

でもそれは間違いです。

本当に聞くことのできる人は、めったにいないものです。

そしてこの点でモモは、それこそ他には例のない素晴らしい才能を持っていたのです。」

モモは徹底的に受け身で、聞く存在。

モモにそれができたのは、モモが空っぽだからではなく豊かな存在だったから。

スポンサーリンク

「モモ」エンデの名言②いつもただ次のことだけを考えるんだ

「一度に道路全部のことを考えてはいかん、わかるかな。

次の一歩のことだけ、次のひと呼吸のことだけ、次のひと呼吸のことだけ、次のひと掃きのことだけを考えるんだ。

いつもただ次のことだけをな。」

スポンサーリンク

「モモ」エンデの名言③

(8月10日放送予定)


テレビ・本・映画
スポンサーリンク
チカをフォローする
チカのセカンドライフ

コメント