朝ご飯で簡単にできる和食メニューは?おすすめの時短レシピ!

生活情報
スポンサーリンク

朝ご飯を時短で簡単に済ませたいけれど、簡単に食べられるパンだとお昼までパワーがもたない!やっぱり朝ご飯は和食メニューが食べたい!という人は多いですよね。

朝ご飯に和食が食べたいけど、どんなメニューがいいかな。

本当に本当に簡単な時短メニューじゃないと嫌。

朝から料理なんて、無理だし。

ネットやSNSを見ると「簡単メニュー」がいろいろと紹介されていますが、「これって簡単なの??」といつも疑問に思ってしまう私です。今回は、本当に簡単な和食の朝ご飯のご紹介です。朝にやることは、お湯をかけるだけです。

スポンサーリンク

簡単朝ご飯の和食メニューは?

栄養バランスの良い完璧な朝ご飯にしよう!とハードルを上げるのは無理の元。栄養バランスは1日3食の中で栄養バランスを取っていけば良い、と割り切って考えています。

冷蔵庫に常備しておいたものを、出してくるだけ。ご飯(五穀米、玄米)の上に、温泉卵+冷蔵庫から出してきたおかずを乗せて完成です。

こんな感じです。(ちなみに、うちは玄米ご飯です。)

簡単朝ご飯の卵レシピ

朝、唯一やっていることは、温泉卵をつくること。生卵でも良いのですが、温泉卵の方が消化吸収に優れているからです。

とは言え、やることはお湯を沸かして注ぐだけ。このような調理道具を使えば、お湯を注いでタイマーをかけるだけで自宅で簡単に温泉卵が作れます。100円ショップにも似たようなものが売っています。カップラーメンの容器で温泉卵をつくる方法もありますが、このような道具があると便利です。

これは一度に5個まで温泉卵がつくれます。

アーネスト スチーマー 保温 温泉たまご器 たま5ちゃん A-16021

新品価格
¥864から
(2019/3/18 10:18時点)

こちらだと、2個用の小さいサイズも選べます。

seiei 温玉ごっこ 大

新品価格
¥1,382から
(2019/3/18 10:42時点)


あるいは、温泉卵の代わりに目玉焼きでもいいですね。このような道具を使うと、トースターや魚焼きグリルで4分くらいで焼き上がります。

高木金属 目玉焼きプレート オーブントースター用 フッ素Wコート デュアルプラス FW-MP

新品価格
¥380から
(2019/3/18 10:47時点)

温泉卵に比べると手間暇がかかるので、うちは出汁巻卵は滅多につくりません。

買っておくだけの和食メニューのおかず

和食メニューのおかずは、買っておいて、冷蔵庫から出すだけが基本です。比較的日持ちがする、こんなものを買っておけば、何とかなります。

納豆:毎日食べたいスーパーフード。冷凍保存もOK。

梅干し:桃屋の「梅ごのみ」でもOK。塩分が多いので1日1粒を目安に。

もずく酢:パックのものが手軽。

海苔:刻み海苔でも。

鰹節パック:お醤油をかければオカカご飯。

漬け物:なめ茸の瓶詰め、岩下の新生姜など。時間のある時に、自分で作れば経済的。

かまぼこ:切るだけの簡単おかず。さつま揚げなどでもOK。

チリメンジャコ:乾燥したものの方が日持ちする。小分けにして冷凍保存もできます。

鮭フレーク:市販の瓶詰め。週末などに余裕があれば、鮭を加熱してほぐしておけば経済的。

おかず味噌:ネギ味噌、ニンニク味噌など市販のもの。

ツナ缶:買い置きできる良質のタンパク源。

サラダチキン:筋肉をつくるタンパク質。コンビニにも売っています。

果物:バナナ、みかんなど包丁で剥かなくて済むものが手軽。

スポンサーリンク

簡単朝ご飯の和食メニューで時短にする方法

大きめのご飯茶碗(お皿でも)によそったご飯の上に、温泉卵と冷蔵庫から出してきたおかずを乗っけましょう。 簡単朝ご飯の和食メニューの出来上がりです。ご飯とおかずの器を別々に用意すると洗い物が増えてしまいます。時短にはワンプレートがおすすめです。

余裕のあるときに、ご飯をまとめて炊いて小分けにしておくと簡単です。毎朝炊きたてのご飯を食べ流のが理想ですが、「簡単」「時短」を実現するためには、どこまでの完成度を求めるのかを良く考えて、「ここまではやる」「これ以上は無理」という線引きが必要です。慣れてくれば、だんだんと出来ることが増えて行きます。

スポンサーリンク

まとめ

簡単和食の朝ご飯=ご飯+温泉卵+冷蔵庫から出してきたおかず というイメージです。

そのためには、次のポイントを押さえましょう。

  1. ご飯を炊いておくこと
  2. 冷蔵庫から出してすぐに食べられるおかずを買っておくこと
  3. ワンプレートにのせること

「今日食べたものは5年後の身体をつくる」と言われています。毎日のことほど将来に与える影響が大きいので、最初から完璧を目指さず、できることから始めてみましょう。

 

 

コメント