エコバッグのシワシワを防ぐ!洗う頻度とシワになりにくい洗い方のコツ!

スポンサーリンク

スーパーで食料品のお買い物をする時に必須のエコバック。

お気に入りのエコバックを洗うときには、シワシワにしたくありませんね。

ここではエコバックを洗うときに、なるべくシワにしないコツをご紹介します。

また、チョッと気になる皆んなはどのぐらいの頻度でエコバックを洗っているのか、アンケート調査がありましたので、それもご紹介します。

 

スポンサーリンク

エコバッグのシワを防ぐ洗い方のコツ

ちょっとしたコツで、お気に入りのエコバッグのシワを防ぐことができます。

洗濯機のおしゃれ着コースやドライコースがおすすめ

洗濯機のおしゃれコースやドライコースがお勧めです。これらのコースはゆっくりめの水流で脱水時間も短くなっています。

脱水時間を短くする

脱水時間を長くするとシワになりやすくなります。脱水時間は1分以内に設定しましょう。

洗濯ネットにエコバッグを入れて洗う

他の洗濯物と絡まってシワになるのを防ぐため、洗濯ネットにエコバックを入れて洗いましょう。

洗濯機の中にエコバッグを放置しない

洗濯が終了したら、すぐにエコバックを取り出して干しましょう。

洗濯機の中に放置したままにしておくと、シワになってしまいます。

柔軟剤を使う

柔軟剤にはシワをつきにくくする効果があるので、柔軟剤の使用もおすすめです。

スポンサーリンク

エコバッグの洗い方

まず、洗濯表示を確認してみましょう。

エコバックに洗濯表示が付いていない場合には、そのエコバックを買った販売サイトに選択についての表示が出ている場合もあります。

わからない場合には選択は避けておいたほうが無難でしょう。

洗濯表示がないエコバッグ

除菌スプレーをエコバッグに吹きかけて、ペーパーや布なので拭き取りましょう。

これだけでも充分に菌が除去できます。

持ち手の部分や、ゴミが貯まりやすい底の部分は特に念入りに拭き取りましょう。

手洗い表示のエコバッグ

洗面器などに30度以下の水を張り、洗濯洗剤を通常の洗濯と同じ割合で溶かします。

優しく押し洗いを2ー30回繰り返し、きれいな水ですすぎます。

その後、洗濯機で軽く脱水(1分以内)をします。

洗濯機が可のエコバッグ

洗濯ネットに入れておしゃれ着コースで洗います。

スポンサーリンク

エコバッグを洗う頻度のアンケート調査

エフコープではアンケートに答えだ形の中から30人のエコバックを聞き取り調査したところ、次のような結果だったそうです。

洗ったことがない 51%

2-3か月に一度 23%

1カ月に一度 18%

週に一度 5%

毎日 3%

毎日洗う人もいるんですね!!!

生協エフコープ舞松原店のアンケート調査はこちら

スポンサーリンク

エコバッグを清潔に保つためのコツ

日頃から少し注意して、エコバッグの汚ぎましょう。

乾燥を保つこと

水分があると雑菌が繁殖してしまいますので、出来る限り乾燥を保つようにしましょう。

ポリ袋を利用する

肉や魚のパックからドリップが染み出ないよう、スーパーのポリ袋を利用しましょう。冷凍食品も結露が生じるので、ポリ袋をかぶせましょう。

定期的に洗うこと

ご家庭によってお買い物に行く頻度が違うので一概には言えませんが、買い物に行ったらすぐとか、週に1度とか、ご家庭なりのルールを決めて定期的に洗うようにすると楽ですね。

替えのエコバッグを用意する

替えのエコバックがないと、エコバックを選択することも躊躇してしまうので、洗い替えのエコバックも用意したいですね。

スポンサーリンク

エコバッグ洗う頻度とシワになりにくい洗い方のコツまとめ

coming soon

おしゃれ
スポンサーリンク
チカをフォローする
チカのセカンドライフ

コメント