【アンサングシンデレラ】ドラマの出演者は?あらすじと感想も!

エンタメ
https://www.fujitv.co.jp/unsung/
スポンサーリンク

2020年4月よりフジテレビの木曜夜10時より、ドラマ「アンサングシンデレラ病院薬剤師の処方箋」がスタートすることが発表されました。

医師や看護師が主役となったドラマは定番ですが、「アンサングシンデレラ」は薬剤師が主役となった初めてのドラマです。アンサング=褒められないという意味で、「アンサングシンデレラ」は、褒められないシンデレラという意味です。

原作は、月刊コミックゼノンに連載中の漫画「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」で、作者は荒井ママレさん、富野浩充さん(医療原案)となっています。

ドラマ「アンサングシンデレラ病院薬剤師の処方箋」の出演者と、あらすじ、感想をご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

アンサングシンデレラのドラマ出演者一覧

2020年2月13日現在発表されている出演者は、主役の葵みどり役の石原さとみさんです。

石原さとみ/葵みどり役

おだんごヘアがトレードマークの萬津総合病院薬剤部の薬剤師。

薬剤師としての立ち位置に時に悩みながらも、医師や看護師などの医療チームの一員として、患者のために日々奮闘している。

石原さとみさんが演じます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

石原さとみ IshiharaSatomi(@satomisquad)がシェアした投稿

プロフィール

生年月日:1986年12月24日

年齢:33歳(2020年2月現在)

身長:157cm

趣味:お琴、テニス、ピアノ

出身:東京都

所属:ホリプロ

「地味にスゴイ!校閲ガール河野悦子」、「失恋ショコラティエ」など数々のドラマ、映画、CMに出演している人気女優。「アンナチュラル」で医療ドラマの実績もある。

瀬野役 未定

主任薬剤師。処方箋に基づいた薬を提供するだけの薬剤部に疑問を抱き、自ら積極的に動くことで萬津総合病院に改革をもたらした。

みどりが尊敬し憧れている薬剤師の先輩。

羽倉役 未定

通称「ハク」。新人の男性薬剤師で整形外科を担当。

刈谷役 未定

ベテランの女性薬剤師。バリバリの優秀な薬剤師で、異名は「鉄の女」。大手の調剤薬局で店長をしていた経歴をもつ。

江林役 未定

通称「エバ」。がん薬物療法認定薬剤師の資格をもつ。

スポンサーリンク

アンサングシンデレラのドラマのあらすじ

日本に、薬剤師は医師に匹敵するほどの人数がいることは案外知られていません。

医師や看護師の仕事は、患者からみて、どのような仕事をしているのかがわかりやすいのですが、薬剤師の仕事の内容はイマイチわかりにくいのではないでしょうか?

薬剤師は、医師からの処方箋に従って薬を提供するのが主な仕事です。そして薬剤師は、医師の書いた処方箋に疑問があれば、医師に対して“疑義”と呼ばれる問い合わせを行い、患者の治療に最も適した薬を提供するという重要な責務を負っています。

1日に全国で処理される処方箋はおよそ220万枚。そのうち6万枚を超える処方に疑義がかけられており、さらにそのうちの約70%は処方変更になっています。

薬剤師が医師に疑義をかけなければ、患者は間違った薬を飲むことになってしまう場合もあるということです。時には、それが命取りになるケースもあるでしょう。

ドラマ「アンサングシンデレラ」は、病院薬剤師の葵みどりが、医師や看護師と対等な立場でチーム医療の一員として、患者の治療に積極的に携わる姿が描かれているストーリーです。

スポンサーリンク

アンサングシンデレラの感想

原作漫画の「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」は、医療業界では評判の漫画だそうです。

私も早速読んでみましたが、読んで良かったです。薬剤師さんがどういうお仕事をしているのかが、おぼろげながらにわかってきました。

そして、薬剤師さんと上手につきあうことが治療のためにとても大事だということが理解できました。

私は、お医者さんにかかる時には、「どこのお医者さんが評判がいいのかな?」と評判を調べたりしていましたが、調剤薬局については、正直「お医者さんから一番近いところ」に行っていました。

だから、内科に近い薬局、外科に近い薬局、眼科に近い薬局と、その時々で行く薬局は別々。しかも、お薬手帳を持っていかないこともしばしばでした(-_-) これって、自分で自分の首を絞めてるみたいなことだったんですねー 無知は恐ろしい。

「アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり」を読んでこのことが良くわかりました。薬剤師さんが医師以上に薬についての専門知識をもっているので、薬剤師さんの知識を活用しないのは勿体ない!と思うようになりました。

薬剤師法第24条を引用します。

[ 処方せん中の疑義 ]
24 薬剤師は、処方せん中に疑わしい点があるときは、その処方せんを交付した医師歯科医師又は獣医師に問い合わせて、その疑わしい点を確かめた後でなければ、これによって調剤してはならない。
薬については、薬剤師さんが医師と同等以上の知識をもっていることがわかりますね。
医師に処方されて飲んだ薬で副作用が辛いなどという時には、一度調剤薬局の薬剤師さんに相談してみるのも良さそうです。
薬について何でも薬剤師さんに相談できる、かかりつけの薬局をもつことの大切さが良くわかりました。
私は風邪を悪化させてしまい辛くなったときは、「念のために」お医者さんに行くのですが、たいていは「薬を飲んで様子をみましょう」ということで処方箋をもらいます。
そして、その処方箋をもって調剤薬局に行くと、呆気に取られるほど大量のお薬が渡されます。
「えーーー、こんなに飲むの? 風邪にきく薬はないっていうし、こんなに沢山飲みまなくていいのに」と思っても、お医者さんに行ったのは自分だし、行っちゃったからには処方についても文句は言えないなーと思っていました。
結果、飲まずに終わってしまう薬もたくさんあってゴミ箱行きに。医療費が勿体ないなーとも思っていました。かかりつけの薬剤師さんがいれば、薬剤師さんからお医者さんに連絡してもらって、お薬を減らしてもらえるのかもしれません。
「アンサングシンデレラ」は、一患者として薬剤師さんとの付き合い方を考えることができるとても役に立つお話でした。
スポンサーリンク

アンサングシンデレラのネット上の感想

ネット上の感想を拾ってみました。

 

スポンサーリンク

まとめ

2020年4月よりフジテレビの木曜夜10時より、ドラマ「アンサングシンデレラ病院薬剤師の処方箋」がスタートすることが発表されました。

主役の葵みどり役は石原さとみさんが演じます。

ドラマ「アンサングシンデレラ」のあらすじは、病院薬剤師の葵みどりが、医師や看護師と対等なチーム医療の一員として、患者の治療に積極的に携わる姿が描かれています。

「アンサングシンデレラ」は、一患者として薬剤師さんとの付き合い方を考えることができるとても役に立つお話なので、ドラマが始まるのがとても楽しみです。

コメント