着物リサイクル品を東京で探すならここが安い!おすすめの店舗3選!

ショップ/レストラン
スポンサーリンク

東京で着物のリサイクル品を売っている店舗をご紹介いたします。最近はリサイクル着物を売る店も増えてきましたが、東京で着物のリサイクル品を探すときに、まずは覗いてみたい3店舗をご紹介いたします。着物初心者の方も、まずは気軽に安いリサイクル着物から始めてみませんか?

スポンサーリンク

着物リサイクル「たんす屋」東京に店舗多数

 

View this post on Instagram

 

tsudanuma-tansuyaさん(@tansuya_yuzawayatudanuma)がシェアした投稿

 

たんす屋は、東京に40店舗以上(Tokyo 135などをを含む)を持つリサイクル着物業界の最大手で全国展開をしています。東京のデパートにも入っているので、見たことのある方もいると思います。着物初心者の方は、まずは「たんす屋」の店舗をいくつか覗いてみれば、相場観をつかむことができると思います。

浴衣から小紋、訪問着、紬、振袖、留袖、帯など幅広い品揃えが特徴です。リユースや未使用の状態の良いすぐに着られるものが安いです。5万円以下で色々と選べ、10万円の予算を見ていけば気に入ったものがまず見つかると思います。

ときおり開催される催事では着物・帯がどれでも1080円などという目を疑うようなプライスで出されていることもあり、値段的には、お洋服とほぼ変わらないレベルです。また、着物の端切れを袋に詰め放題セールなどをやっていることもあるので、着物リメイク用素材をお探しの方にもおすすめです。

店舗数が多いので、一つの店舗で気に入ったものが見つからない場合には、別店舗に見に行くのも良いでしょう。高島屋に入っている店舗では、高島屋カードのポイントもつきます。

着物初心者向けのお手軽値段のものから、高級なものをお探しの方まで、幅広いニーズに応えられるのが業界最大手たんす屋の魅力です。

店舗情報

たんす屋東武池袋店(他、多数)

公式HP

豊島区西池袋1-1-25 東武百貨店池袋店4F 1番地

03-5958-1710

スポンサーリンク

着物リサイクル@東京・二子玉川「松美屋」

「たんす屋」ではやや物足りない、最高級のものが欲しい、という着物通の方におすすめなのが「松美屋」です。二子玉川にある松美屋は、リサイクル着物の老舗で、ご主人はテレビ番組「しあわせ買取隊」に着物の査定士として出演したこともあります。

価格的には「たんす屋」よりもお高めです。でも、良いものは「たんす屋」でも結構お高いので、もしもご自分の気に入ったものが見つかれば、むしろ安いかもしれません。品揃えは、通の方向きの逸品が多いです。

とても小さな店舗ですので、あらかじめお電話で予約をされてから見に行かれることをおすすめいたします。

店舗情報

松美屋

東京都世田谷区玉川3-5-9 1F

03-3708-8474

スポンサーリンク

着物リサイクル@東京・目白「布と玩具 Lunco」

上記の2店が一般的なお着物を取り揃えているのに対して、こちらのお店は大正から昭和初期にかけての自由でキッチュな楽しいアンティーク着物を扱っています。正式なお茶会や入学式・卒業式、結婚式に着ていくのには向かないかもしれませんが、見ていてドキドキワクワクするような楽しい着物たちです。

オーナーの欄子さんは、アンティーク着物愛に満ち溢れた方で、何冊も本を執筆されています。本を見ているだけでも十分楽しいのですが、実際の着物を見てみたいと思われたら、是非、目白のこちらのお店に足を運んでください。

店舗情報

布と玩具 Lunco

豊島区目白3-14-8

03-3954-3755

スポンサーリンク

着物リサイクルの注意点

リサイクル着物を買う上で注意したいのが、袖丈です。160センチ以上の身長がある方の場合は、リサイクル着物では袖丈(裄)が短い場合が多いです。160センチ以下の方も、念のために袖丈をチェックしてから買うようにしましょう。

一口にリサイクル着物と言っても、洋服と変わらない値段のものから、お誂えの品よりお高い高級品まで色々とあります。初心者の方は、焦らずに色々な店舗をじっくり見比べて、自分の好みと予算にあったものを買うようにしましょう。

 

 

コメント