【入学式】バッグはどんなのを選ぶ?母にふさわしい色と形はこれ!

時々の話題
引用:濱野
スポンサーリンク

入学式に「着ていく服は決まったけれど、バッグはどんなのを持っていけばいいの?」とお悩みのお母さんに、間違いのないチョイスをご紹介いたします。お子さまの新しい学校生活がスタートする記念の日である入学式。お母さんは入学式にふさわしい装いでお祝いしてあげましょう。

スポンサーリンク

ふさわしい色とふさわしくない色

 

View this post on Instagram

 

HAMANOさん(@hamano_official)がシェアした投稿

入学式にもっていくバックの色としてふさわしいのは、「紺、黒、アイボリー」などの基本色です。とは言え、派手すぎなければピンクや茶なども大丈夫ですので、着ていく洋服との兼ね合いで考えましょう。

「金」や「銀」のバッグは入学式にはふさわしくありません。「金」や「銀」は、基本的に夜の席に使う色です。金や銀でなくても、ラメやスパンコールなどの光るものは入学式の場に相応しくありません。昼の席である入学式に光モノは避けましょう。ただし、取っ手や金具などに部分的に金色があるのは大丈夫です。

無地のものを選ぶようにしてください。柄やロゴマークが全体的に入っているものは、フォーマル用ではありません。

スポンサーリンク

ふさわしい形とふさわしくない形

大きすぎない手持ちのハンドバッグでシンプルなデザインのものが最もふさわしいです。あまり凝ったデザインのものはおしゃれ用なので避けた方が良いでしょう。

ショルダー・バックやトートバックは、入学式にもっていくバックとしてふさわしくありません。これらはたくさんの荷物を持って歩く仕事や日常シーンでのバッグなので、フォーマル感がないのです。

入学式の場合は、スリッパ持参だったり学校からの配布物が沢山あって、持ち帰るのに困りますね。そのために、折りたたみできる手提げ袋をサブバッグとして持っていけば、スマートな格好で入学式に参列できます。写真撮影の時もスマートですね。

スポンサーリンク

ふさわしい素材とふさわしくない素材

無地の革製(合成皮革でも良いと思います)を選ぶのが安心です。

クロコダイルなどの爬虫類製のバッグはおしゃれ感が強すぎて、あらたまった席には相応しくありません。

スポンサーリンク

値段の高い、安いではありません。

高価でファッショナブルなバッグが沢山売られていますが、これらの全てが入学式のようなフォーマルな席にふさわしい訳ではありません。どんなに高価であっても、おしゃれ向きのバッグはフォーマルな席には相応しくないのです。バッグにはそれぞれのTPOがあります。

逆に、必ずしも高価でなくてもフォーマル向きのバッグは沢山あります。

実際のところ、フォーマル用のバッグはそれほど何度も使う機会がある訳でもありません。そこにどのくらいのお金をかけるかについては、それぞれのお考えによるでしょう。実家のお母さまやお友達に適当なバッグを借りられるのであれば、それでも良いと思います。最近はバッグのレンタルサービスなどもあるので、賢く利用するのも良いでしょう。

コメント