AI美空ひばり(紅白2019)の感想や評判まとめ!

エンタメ
スポンサーリンク

2019年紅白歌合戦にAIで復元された美空ひばりさんが出場して、視聴者を驚かせました。

2019年紅白歌合戦に出場したAI美空ひばりさん、そして歌った新曲「あれから」に、みんながどんな感想を持ったのか、評判はどうだったのかまとめてみました。

スポンサーリンク

【紅白2019美空ひばり】好意的な感想と評判

歌声は美空ひばりさんそっくりでした。相当なファンの方でないと、本物の美空ひばりさんとAIの美空ひばりさんの区別がつかないのではないかと思います。ボカロとは思えないほど、精緻でなめらかな歌声でした。

また、新曲「あれから」という曲そのものの素晴らしさに感動している方もいました。30年前、美空ひばりさんの最後のシングル曲となった「川の流れのように」を作詞した秋元康さんが作詞を手がけたというのでそれも頷けます。

平成元年に死去したひばりさん。令和元年の紅白歌合戦に、ちょうど平成の30年間を振り返るような歌詞で、秋元康さんは、語りの部分はに日本への応援メッセージの意味を込めたとのことです。

スポンサーリンク

【紅白2019美空ひばり】疑問をなげかける感想と評判

歌声の完成度に比べると、ビジュアルの完成度はイマイチな感じでした。表情や仕草を再現するのは、技術的にも相当難易度が高そうです。

「不気味の谷問題」というのは、ロボットなどを人間に似せていくと、写実度がかなり高度になったある一定の時点で、人間に恐怖感・嫌悪感・薄気味悪さを感じさせるという現象をさしています。(不気味の谷より写実度が高まると、恐怖感はなくなる)

生きている者の思いで死者を勝手に蘇らせていいのか、というところについての違和感について指摘した方が多かったです。いくらAIとは言っても。

スポンサーリンク

【紅白2019美空ひばり】私の感想

私は、「感動」というよりも「AI技術って凄い!」と単純に思いました。初音ミクのボカロを超えた本物そっくりの歌声に、ひたすら驚き!

それと同時に、この技術がこの先どんな使われ方をするんだろう、ということも気になりました。

美空ひばりのaiが紅白歌合戦にでるんだったら、他にも紅白に出演して欲しい今は亡き往年の名歌手はたくさんいるんじゃないかな。そうしたら、生きてる歌手たちと紅白の出場枠を巡って争奪戦が起こりそう。

いっそオールaiの「あの世から蘇る幻の紅白歌合戦」を別枠でつくるのもいいかも。怖いけど見てみたい。

ai技術がここまで来ているのだと肌で実感させてくれた「紅白2019美空ひばり」。どこまでレベルアップするのでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

AI美空ひばりさんが2019紅白歌合戦に出場して、視聴者を驚かせました。

このAI美空ひばりさんに対する感想は、好意的なものと疑問を投げかけるものに分かれ、賛否両論といったところです。

好意的な感想は、「歌声が本物そっくり」「新曲そのものが良い」というもの。

疑問を感じる感想は、「死者を勝手に蘇らせていいのか」というものでした。

皆さまはどんな感想を持たれたでしょうか。来年の紅白にはAI出場はあるのでしょうか。興味深いところです。

 

エンタメ
スポンサーリンク
チカをフォローする
チカのセカンドライフ

コメント