カーブスは痩せない?逆に太る?という口コミは本当?

おすすめ情報
スポンサーリンク

カーブスに関する口コミでよくあるのが、「痩せない」「逆に太る」というものです。

痩せたいと思ってジムを考えているのに、これではカーブスに入ろうかどうか不安になってしまいますね。

カーブスに通って2年目の私(50代)が、この口コミについて率直な感想を書いてみたいと思います。

スポンサーリンク

「カーブスだけでは痩せない」は本当

 

この投稿をInstagramで見る

 

カーブス(@curves_japan)がシェアした投稿

カーブスに行っているだけでは痩せない、というのは本当です。

私も、カーブスに通い始めて10か月くらいは痩せませんでした。週2回くらい行っていたにもかかわらずです。運動の消費カロリーって、本当に少ないんですよね。

運動だけでは痩せないというのは本当です。

食生活も変えていかないと痩せません。痩せるには、運動よりも食生活の方がインパクトが大きいでしょう。本気で痩せたいなら、まずは食生活の見直しの方が手っ取り早い気がします。

スポンサーリンク

カーブスは逆に太る?

 

この投稿をInstagramで見る

 

カーブス(@curves_japan)がシェアした投稿

「カーブスで逆に太る」という口コミには、二つの原因があると思います。

運動したからと食べてしまう場合

一つは、カーブスで運動したからと思って、その後で食べてしまう場合。

カーブスで30分、ハードに運動した場合の消費カロリーはたったの300kcalです。これってケーキ一つ分のカロリーなんですね。

300kcalって他の運動で消費しようと思ったら、ランニング41分、ウォーキング1時間、平泳ぎ36分をしなくてはなりません(泣)。つまり、カーブスが痩せない訳じゃなくて、他の運動をしたとしても300kcalを消費するのは結構大変なのです。

だから、カーブスで運動したからと言って、その後食べてしまっては「逆に太る」ということにもなるでしょう。

脂肪が筋肉になり重くなった

私の場合、入会したばかりの時は体脂肪率34%という悲惨な状態でした。

それがカーブスを続けているうちに、少しづつ体脂肪が落ちてきて、筋力がついてきました。その結果なにが起きたかというと、脂肪より筋肉の方が重いので、少しですが体重が増えました。0.5kg程度ですが。

でも、筋肉がついてくると疲れにくくなって、長時間動けるようになるので、長期的に見れば、痩せやすくなると思います。私は、体重が減らなくても、筋力がついて体型が締まってきてとても嬉しかったです。

スポンサーリンク

カーブスは痩せない?トレーナーが言っていたこと

 

この投稿をInstagramで見る

 

カーブス(@curves_japan)がシェアした投稿

カーブスのトレーナーさんから聞いた話です。

アメリカ生まれのカーブスが日本に上陸したのは2005年。それから10年以上がすぎましたが、今では日本のカーブスの方が圧倒的に流行っているそうです。なんと、アメリカのカーブスは日本のカーブスに買収されてしまったそうです。

なんでも、日本人とアメリカ人では、カーブスに求めるものが随分違っているらしいです。アメリカ人は「痩せたい!」、日本人は「老後も寝たきりにならずに元気に動けるように筋肉を鍛えたい!」。

本家本元のアメリカのカーブスが凋落してしまったのは、やはりカーブスだけで痩せるのは難しいからというところに理由がありそうです。それに対して、日本のカーブスの店舗数がついに2000店を超えたのは、「寝たきり予防、転倒予防、目指せピンピンコロリ!」という要望にきっちり応えているからなんじゃないかなと思います。

スポンサーリンク

カーブスだけでは痩せないけど筋トレ初心者にはおすすめ

 

この投稿をInstagramで見る

 

カーブス(@curves_japan)がシェアした投稿

ここまで書いてきて、カーブスは「寝たきり予防」のリハビリ施設か?という印象を与えてしまったかと思いますが、そのイメージは半分くらい当たっています。そう言ってしまうと身も蓋もない感じなので、「生涯現役を目指すアクティブシニアのためのフィットネスジム」と言いかえさせてください。

さて、それでは20代、30代、40代の人にカーブスはおすすめできないかと聞かれたら、そういう訳ではないです。筋トレはやってみたいけど、普通のスポーツクラブに行くには躊躇してしまう人には、最初の一歩としてカーブスはおすすめです。

筋トレって、いろいろな健康効果があるけれど、学校の体育じゃやったことがないですよね。

私はコナミに行ったことがありますが、おじさんやお兄さんが脂汗を流しながら筋トレマシーンをハードに動かしている脇で、体脂肪34%、筋力0のおばさん(私のこと)が筋トレの真似事をするのは、とっても居心地が悪かったです。

そんな居心地の悪さも、カーブスでは全くなし!

カーブスは若い女性の筋トレデビューにも超おすすめです。若い人ならアッという間に筋トレの女王になってしまうでしょう。カーブスで1ヶ月ほど筋トレを経験してみて、慣れた頃に普通のスポーツクラブに移るというのもいいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

カーブスについて「痩せない」「逆に太る」という口コミを見かけます。

「カーブスに行っているだけでは痩せない」というのは本当です。痩せるには、運動よりも食生活の方がインパクトが大きいので、まずは食生活の見直しが不可欠でしょう。

「カーブスで逆に太る」というのには、二つの原因があると思います。一つは、カーブスで運動したからと思って、その後で食べてしまう場合。もう一つは、カーブスの運動で脂肪が筋肉にかわり、脂肪より筋肉の方が重いので体重が増えてしまう場合。でも、筋肉が増えれば長期的には痩せやすくなります。

本家本元のアメリカでカーブスが凋落してしまったのは、やはりカーブスだけで痩せるのは難しいからというところに理由がありそうです。それに対して、日本のカーブスが流行っているのは、筋力を鍛えることにより「寝たきり予防、転倒予防、目指せピンピンコロリ!」という要望にきっちり応えているだと思います。

20代、30代、40代の人でも、筋トレはやってみたいけど、普通のスポーツクラブに行くには躊躇してしまう人には、最初の一歩としてカーブスはおすすめです。

カーブスは、筋トレをやってみたい人には超おすすめ!

痩せたい人には、カーブスだけでは痩せないよーとお伝えしたいと思います。

 

 

コメント