【卒業式】40代母親には着物がおすすめ!何を着たらいいの?

時々の話題
スポンサーリンク

卒業式に着物を着ていくかどうか迷っていますか? でも、迷っているんだったら、40代の母親には着物を着ていくことを是非おすすめしたいと思います。卒業式にぴったりの着物と、なぜ40代の母親に着物をおすすめするのか3つの理由をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

40代の母親には訪問着が1番のおすすめ

卒業式はフォーマルな場ですので、一番のおすすめは訪問着です。紋が一つでも入っていれば、より改まった感じにはなりますが、紋がなくても構いません。金糸や銀糸の入った帯とあわせると晴れがましい雰囲気になります。

色留め袖も、格式が高く卒業式に着ていくのに申し分ないのですが、胸元に柄が入っていないで、卒業式の間、座っているときに柄が見えないのが寂しいかもしれません。

小紋は、カジュアルな着物になりますので卒業式には向いていません。でも、お母さまから譲り受けた思い出のある特別な小紋などの理由があるときには、形式にとらわれずに来て行っても良いと私は思います。

着物はお手持ちのものでも、レンタルでも良いのですが、最近はリサイクル着物も手軽な値段で買うことができるので、リサイクル着物を見てみるのも楽しいと思います。

リサイクル着物店のおすすめはこちら

 

スポンサーリンク

着るべき理由その1:着物姿が家族の一生の思い出として写真に残る

卒業式は節目のとき。卒業式という節目の時に撮った写真は一生の思い出として残ります。特に、普段ほとんど着物を着ることがない母親が卒業式の時に着物を着て来れば、お子さんにもその思いは伝わります(中学生や高校生は口には出しませんが)。

子どもはいつか巣立っていくもの。後になって振り返れば、着物を着て子どもと写っている卒業式の写真は、母親として一生懸命に子育てをしていた思い出として、他でもないあなた自身に満足感を与えてくれるでしょう。

たしかに、着物の準備や着付けは大変だけど、大変なのはその時だけ。満足感は一生ものです。

スポンサーリンク

理由その2:誘えば一緒に着物を着てくれるママ友はいる

「着物を着ていくのが私だけだったら、浮いちゃうし...」という不安がありますよね。でも、同じ思いでいるママ友は他にもいます。思い切って、ママ友に「着物で行かない?」と誘ってみてください。「じゃあ、私も!」と言い出す人はいると思います。

そういう私も、実は、子どもの卒業式の2週間前まで着物を着るつもりは全くなかったのです。でも、ママ友が誘ってくれたので、思い切って着よう!という気持ちになったのです。誘ってくれて、大感謝です。

自分一人では決心がつかないだけなので、周りのママ友に声をかけてみてください。

もし自分の知り合いのママ友が誰も着なくても、私の経験では、卒業式に着物を着てくる方は最低でも2-3人はいました。袴姿の女性の先生もいらっしゃいました。

スポンサーリンク

理由その3:40代を逃すと50代以降は着物を着る機会が減っていく

30代では、まだ下の子どもが小さくて着物どころじゃない、ということもあるでしょう。でも、40代になれば、下のお子さんもある程度大きくなっていると思います。お子さんの卒業式、入学式が数年おきにやってくる40代というのは、着物を着る絶好の機会なのです。

これが50代以降になると、子どもも大きくなって、卒業式や入学式で着物を着る機会がガクッと減ります。迷っているなら、着物、着ちゃってください。

着物、いつ着る? 今でしょ!

 

コメント