壇蜜の出身校は近江友里恵アナと同じ?持ってる資格がすごい!

エンタメ
スポンサーリンク

壇蜜さんが、漫画家の清野とおるさんと結婚することが発表されました!

「いい夫婦の日」にちなんで2019年11月22日に婚姻届けを提出しました。

妖艶な魅力で世の男性だけを魅了するだけでなく、女性にもファンが多い壇蜜さん。その魅力はどこから来るのか、壇蜜さんの本名、出身校、経歴などデビュー前のプロフィールを調べてみました。

そうしたら、普通の芸能人とは一味も二味も違う壇蜜さんの魅力の秘密が見えてきました!

スポンサーリンク

壇蜜の本名とプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】壇蜜写真集3/29発売(@dan_mitsu)がシェアした投稿

本名:齋藤 支靜加(さいとう しずか)

どらえもんのしずかちゃんと同じ名前ですが、「支靜加」というのはなかなか見ない漢字で素敵ですね。

生年月日:1980年12月3日

年齢:38歳(2019年11月22日現在)

身長:158cm

血液型:O型

出身地:秋田県で生まれ、幼少のときに東京へ。

デビュー年:2009年(28歳のとき)

所属:フィット

壇蜜は一人っ子で兄弟はいません。お父さんはツアーコンダクター、お母さんは保育士さんという家庭で育ち、小さい頃はおばあちゃん子だったそうです。

スポンサーリンク

壇蜜の出身校は?NHKアナ近江友里恵は同窓生

 

この投稿をInstagramで見る

 

【公式】昭和女子大学 Instagram(@insta_swu)がシェアした投稿

【出身校】

出身校:昭和女子大学。大学では英語の教員免許を取得して卒業

高校:昭和女子大学附属昭和高等学校

中学:昭和女子大学附属昭和中学校

小学校:昭和女子大学附属昭和小学校

ご覧の通り、昭和女子大学附属昭和小学校からずっと内部進学で大学まで進みました。昭和女子大学は東京世田谷区の三軒茶屋近くにある女子大で、小学校から大学までが同じキャンパスにあります。

小学校も女子校です。小学校から大学まで16年間ずっと女子校という環境の中で育ったんですね。同性である女子を見る目が半端なさそうです!

 

この投稿をInstagramで見る

 

NHKあさイチ(@nhk_asaichi)がシェアした投稿

実は、昭和女子大学附属昭和小学校からの内部進学組には、NHKの女子アナウンサー近江友里恵さんもいて、壇蜜さんと近江さんは同窓生です。ただ、近江アナは壇蜜の8年先輩なので、二人が学生時代に知り合いだったということはないと思います。

近江アナは、NHKの朝のニュース番組「あさイチ」のは、昭和女子大学附属昭和小学校から内部進学で高校まで卒業した8年先輩にあたります。近江アナは大学は昭和女子大学には進まず、早稲田大学に進学しています。

スポンサーリンク

壇蜜(本名:齋藤支靜加)和菓子職人時代

 

この投稿をInstagramで見る

 

服部栄養専門学校(@hattori.ac.jp)がシェアした投稿

16年間女子校で育ったという経歴も芸能界の中で珍しいと思いますが、大学を卒業してからの経歴がもっと面白くなります。

英語の教員免許を生かしての就職も考えたそうですが、就職氷河期だったこともあり、その道には進まなかったそうです。

知人と一緒にお店をだそうという話になり、昭和女子大学卒業後、服部栄養専門学校テクニカルコースに入学しなおし、調理師免許を取得します。しかし、知人とお店をだすという話はだめになってしまったので、専門学校で学んだスキルを生かして子屋さんに就職します。

壇蜜と和菓子職人というのが、すぐにはイメージが結びつかないのですが、パティシエというよりも和菓子職人というのが壇蜜っぽいかな。

本人は保育園のころからお菓子屋さんになるのが夢だったそうでで、その夢をかなえた形です。しかし、和菓子屋さんは体力的に続かなくなり26歳で退職。

スポンサーリンク

壇蜜(本名:齋藤支靜加)銀座クラブ時代

服部栄養専門学校に通っていた頃から、経済的に親にあまり頼りたくないという思いから、銀座の高級クラブのホステスさんのヘルプとしてアルバイトをしはじめます。

美人ホステスがたくさんいる銀座の高級クラブで、壇蜜さんは当時から独特の存在感が際立っていたそうです。そして、クラブのママに「美人とか、かわいいとかいう訳でもないけれど、よくお客をとる」と褒められたことが自信となり、のちの壇蜜さんにつながります。

スポンサーリンク

壇蜜(本名:齋藤支靜加)の葬儀社時代

 

この投稿をInstagramで見る

 

日本ヒューマンセレモニー専門学校(@ceremny)がシェアした投稿

その後、葬儀のためのスキルを学ぶ「日本ヒューマンセレモニー専門学校」へ入学します。知人の死がきっかけになったとのことですが、「死がタブー視されている世の中を疑い、疑う前に死の内側を知りたい」と思ったことが転機となりました。

この学校で、「遺体衛生保全士」の資格を取って、大学病院で遺体を保全する仕事や、葬儀社でご遺体の顔にメイクをする仕事などにつきます。

このお仕事は、本木雅弘さんが主演して話題となった映画「おくりびと」で、本木さんが演じる納棺士のお仕事です。生、性、死をテーマにしたこの映画は、本木さんの素晴らしい演技と相まって評判を呼びました。

壇蜜さんは20代の若さで、死と身近な職場で働いていました。

芸名の「壇蜜」も、壇は仏壇の壇で、蜜は仏壇にお供えするお菓子などを意味し、自分でつけた芸名だそうです。

スポンサーリンク

壇蜜(本名:齋藤支靜加)の趣味

14歳のときから日本舞踊を18年間習っていました。和風な印象の目線やしぐさは、ここからきているのでしょう。

2013年のNHK紅白歌合戦では、藤あや子さんの歌唱サポートとして、壇蜜さんが日本舞踊を披露しています。

スポンサーリンク

まとめ

壇蜜さんの出身校は、昭和女子大学附属昭和小学校からずっと内部進学で昭和女子大学を卒業しています。壇蜜さんは、16年間の女子校育ちです。8年上の同窓生には、NHK女子アナウンサーの近江友里恵さんがいます(近江さんは大学は早稲田大学に進学)。

壇蜜さんは、大学卒業後に、和菓子職人、銀座の高級クラブのヘルプさん、葬儀社勤務などの多彩な経験を積んで、28歳で芸能界にデビューしました。

持っている資格もすごくて、「英語の教員免許」「調理師免許」「遺体衛生保全士」の3つの資格の他に、日本舞踊も18年やっているので日本舞踊のお免状も何か持っているのではないかと思います。凄いですね!

圧倒的な存在感で、男性のみならず女性のファンも多い壇蜜さん。その魅力は、壇蜜さんの経歴からきているのでしょう。

結婚後の活躍にも注目したいところです。

 

コメント