終活の身辺整理で写真をデジタル化しよう!おすすめサービス3選!

生活情報
スポンサーリンク

終活で身辺整理をするときに、大変だけど楽しみでもあるのが写真の整理。

整理が途中になってしまっている写真アルバム、箱にしまい込んだネガフィルム、もうビデオカメラが壊れてしまったビデオテープ。

そんな写真やテープは、デジタル化することでスッキリ整理できます。

終活の身辺整理で写真やテープの整理をするときに頼りになる、おすすめのサービス3選をご紹介いたします。

スポンサーリンク

終活では写真をデジタル化しよう!

写真やテープのことは気になりつつも、押入れの中に閉まったままにしていることはありませんか?

残された子どもたちにとっては、思い出の詰まった写真を処分することは辛い作業だそうです。

昭和世代には、たくさんのプリント写真、VHSなどのテープがあります。これらをデジタル化することがおすすめです。

写真をデジタル化するメリットを見てみましょう。

物理的に小さくなる

デジタル化しておけば、大きくて重いアルバムが不要になります。アルバムや大量のプリント写真が断捨離できて、物理的にスッキリします。

気軽にいつでも見られるようになる

重たいアルバムは、しまい込んだままになっていて、実際に見返す機会は少ないもの。

デジタル化しておけば、スマホやタブレットで、簡単にいつでも思い出の写真を見られるようになります。

認知症予防になる

自分が若くて元気だった頃の写真をいつでも気軽に見返すことで、気持ちが若返る効果もあるそうで、認知症予防としても注目されています。

家族全員で気軽にシェアできる

お子さんが何人かいて、それぞれにアルバムを残したい時でも、デジタル化しておけば、ご家族全員で簡単に写真アルバムをシェアできるようになります。

それは、お子さんやお孫さんにとって、自分が育ってきた年月を振り返ることができる両親・祖父母からのすばらしい贈り物になります。

スポンサーリンク

写真をデジタル化してくれる終活サービスがあります

「デジタル化するって言っても、どうしたら良いの?」

「自分ではそんなこと、できないし」

自分でやる必要はありません。

今は、終活の身辺整理でプリント写真のデジタル化を望んでいる人たち向けのサービスが出てきています。

自分でやることは、プリント写真、ネガフィルム、アルバム、8mmフィルム、VHSテープなどを段ボール箱に詰め込んで送るだけ。

DVD、ブルーレイにして、送り返してくれます。フォトアルバムにしてもらうこともできます。

スポンサーリンク

写真の終活サービスのおすすめ3選

写真の終活サービスに使えるおすすめサービス3選をご紹介いたします。

注文する量によって値段が違ったり、納期による料金プランがあるので、各サービスを比較して利用するサービスを決めると良いでしょう。

富士フィルム

富士フィルムは、「ダビング・スキャン・復元サービス」を提供しています。

昔のアルバムに貼り付けたものは、剥がすと破れたり傷めたりする心配があります。そんな場合でも、アルバムごとスキャンしてデジタルにデータ化してもらえます。

デジタル化した写真は、DVDにしてもらうのか、そのままスマホやタブレットで見られるようにしてもらうのかを選ぶことができます。

また、コンパクトに持ち歩けるフォトアルバム(小143mm×143mm、大210mm×210mm)も作ってもらえます。

ニッポン写真遺産

「ニッポン写真遺産」は、朝日新聞が提供するサービスです。

富士フィルムと同様に、プリント写真、写真アルバム、テープなどをDVDにしてもらえます。あるいは、スマホやタブレットで見られるようにしてもらえます。

料金は、お急ぎコース(約3週間)と標準コース(約4ヶ月)に分かれていて、急がないのでお得にしたいという方には、標準コースがおすすめです。

また、朝日新聞では、自分史を本にする「朝日自分史」というサービスもやっていて、写真のデジタル化サービスのご利用代金が3万円以上の人には、「朝日自分史」が1万円引きになるという特典もつきます。

節目写真館

プリント写真をデジタル化することをメインの業務として立ち上げられた会社。

大量の写真をリーズナブルな料金でデジタル化できるのが強みで、今まで1億枚以上の実績があるそうです。

スポンサーリンク

まとめ

終活の身辺整理で、写真の整理は一仕事。

でも、デジタル化サービスを使えば、全ての写真やテープをまとめて段ボールに入れて送れるだけ。写真を選り分ける必要もありません。

一度デジタル化してしまえば、あとの楽しみ方は自由。

家族でシェアしたり、同窓会で見たり、SNSにだって活用できます。

今まで撮りためてきた大事な写真の楽しみが更に広がること、間違いなしです。

 

コメント