要介護2の施設入所の費用は?相場と選び方を入居者目線で調べました!

生活情報
スポンサーリンク

一人暮らしをしている高齢の親が要介護2くらいになってくると、離れて住んでいる子どもは、何かと心配になってきます。やはり見守ってくれる人の目のある施設で生活してほしい、地方の親を自分の近くに呼び寄せたい、と思うのが子どもの気持ちではないかと思います。

そこで気になってくるのが施設入所の費用です。一口に介護施設と言っても、種類はさまざまです。ここでは、物件数の多いサービス付き高齢者住宅と有料老人ホームについて、東京の介護施設入所の費用の相場と、入居者目線での選ぶポイントについて調べてみました。

スポンサーリンク

要介護2の施設入所の費用の相場

東京では、だいたいこのくらい出せば、選択肢が複数あるという現実的な相場のイメージはこんな感じです。

入居金 月額費用
グループホーム 0-50万円 15-25万円
サービス付き高齢者住宅 50-100万円 20万円
有料老人ホーム 0-3500万円 25-35万円

グループホームは、認知症はあるけれど少しの支援で自立して生活することができる高齢者が数人で暮らしている施設のこと。数は少ない。

なお、特別養護老人ホームは要介護3以上でないと申し込めないので、要介護2では対象外です。

スポンサーリンク

要介護2の施設入所の費用は、入居金と月額費用に分かれます

一般的に、入居金は施設のインフラそのものにかかる費用と言われています。立派な建物、豪華な内装、便利な立地等は、入居金が高くなる要素です。

一方、月額費用は、介護士さんの人件費等にかかる費用なので、入居者のサービスに当てられます。この部分は人件費が主なので、便利な場所であっても不便な場所であっても、ほとんど変わりません。

施設のインフラにどのぐらいのお金をかけるのかは、それぞれの好みや事情によって考えればいいと思います。よく言われるのは「介護をしてくれるのはあくまでも介護士さんであって建物は介護をしてくれない」ということです。一方で、立地によっては、家族が面会に行きやすい立地と行きにくい立地があるので、そのために入居金が高くなるケースはあると思います。

スポンサーリンク

有料老人ホームの場合の要介護2の施設入所の費用は?

介護付有料老人ホームは、介護度の低い人もいますが、一般的には、サービス付き高齢者住宅より介護度が高い入居者が多いです。これには食事代も含まれています。

老人ホームでは、出入りする人を確認してから玄関ドアが開閉されるようになっているので、一人で出かけてしまうと帰って来られなくなる恐れのある方には安心です。一方で、自立度が高く一人でお出かけできる方にとっては、多少気詰まりなところがあるかもしれません。

また、以前は終末期には病院に入院していたケースでも、有料老人ホームで最期の看取りまでできるホームが多くなってきました。

最期まで看取ってくれるのは安心ですが、まだ元気なうちから介護度の高い入居者が多いホームを選ぶのは馴染めないケースもあるようです。

スポンサーリンク

サービス付き高齢者住宅の場合の要介護2の施設入所の費用は?

サービス付き高齢者住宅は、一般に、自立〜要介護2くらいの比較的お元気な高齢者が入居するところです。すべて住居内は高齢者仕様のユニバーサルデザインになっていて高齢者が住みやすいようになっています。

特徴としては、普通のマンションのように、各住居が独立しています。住居スペースも有料老人ホームより広く、30から60平米位ある所もあります。各部屋に簡単なキッチンがついていることが多く、自分の部屋で自炊して食事をとることができます。また、全体の食堂も付いているので、食堂に出かけていって食べることもできます。

サービス付き高齢者住宅は、一般のマンションと同じように玄関が出入り自由です。この点が入居者にとって開放感があると思います。

費用もサービス付き高齢者住宅のほうが安いので、介護度が重くない方はこちらの方が向いているでしょう。必要な介護は、各自の介護保険から賄われる仕組み担っています。

介護度が重くなってしまうと、追加的な介護サービスのために、かえって有料老人ホームより高くなってしまいます。その分かれ目は、大体要介護3位だと言われています。その段階では、有料老人ホームや特別養護老人ホームなどにお引越しをするケースが多いです。

少数ですが、一部のサービス付き高齢者住宅では、看取りまで行うところもあるようです。この点については、看取り実績の数も含めて、あらかじめ見学時に尋ねておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

物件数の多い、有料老人ホームとサービス付き高齢者住宅について、施設入所の費用を調べてみました。遅くとも要介護2くらいまでには、いろいろと調べて複数の介護施設を見学しておくと、いざという時に慌てなくて済むでしょう。入居者の健康状態と雰囲気に合ったところが選ぶのが、介護施設選びのポイントです。

 

コメント